会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 紛らわしい表現 雑学

第3文型?第4文型? – 『新情報』と『旧情報』の考え方

 

いきなりですが、次の英文法の問題をご覧ください。

問)次の2つの文が同じ意味になるように空欄を埋めなさい

My dad gave this book to me last night.
My dad gave (               )(              ) last night.

はい、学校英語の定番問題ですね(笑)

上が「S + V + O」の第3文型。

下の文を完成させると…

My dad gave me this book last night.

「S + V + O + O」の第4文型です。

学校英語では、この2つは「同じ意味」の英文として問題なくやり過ごしてきました。

しかし!

型が違う以上、その意味合いも当然違います。

『新情報』と『旧情報』

皆さんは、英語という言語の特有の考え方である『新情報』と『旧情報』という概念を聞いたことがあるでしょうか?

それは『旧情報』→『新情報』という流れで英文を組み立てる、というものです。

つまり、「古い情報」が先で、「新しい情報」が後に来る、というのが英語の自然な流れです。

これを言い換えれば、「相手が知っていそうなこと(旧情報)」→「相手が知らなそうなこと(新情報)」です。

そして「相手が知らなそうなこと(新情報)」がとりもなおさず「一番言いたいこと」になります。

つまり「一番言いたいこと」が『新情報』で、それを後回しにして際立たせたい…というのが人間心理。

よく考えたら、日本語でも同じ心理が働きますよね。

 

ここで、もう一度冒頭の書き変え問題を。

My dad gave this book to me last night.
My dad gave (               )(              ) last night.

まず、上の第3文型を『旧情報』→『新情報』に当てはめて考えてみましょう。

『旧情報』は “this book”
『新情報』は “me”

結論から言うと「君のお父さんは誰にこの本をあげたの?」という質問に対する返答なら、この文型が選ばれる傾向があります。

つまり、「誰に?」と相手は聞いているのですから、”me” が「相手が知らなそうなこと」、つまり『新情報』になり、それを際立たせたいのですから、それが後ろに来る第3文型が選ばれる、というプロセスです。

 

では、2つ目の第4文型です。

My dad gave me this book last night.

今度は…

『旧情報』は “me”
『新情報』は “this book”

この場合、「君のお父さんは何を君にくれたの?」という質問に答える際に選ばれる型です。

“this book” を際立たせたいから、つまり「相手の知らない新情報」が “this book” になるからです。

 

この『新情報』と『旧情報』という概念は、自然な英語を話すためにはとても大切なものです。

この考え方を念頭に様々な英文に触れてください。

だんだんと”自然な英語”が見えてきますから。

 

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 紛らわしい表現, 雑学
-, , ,

執筆者:

関連記事

「決める」の ‘decide’ の使い方、間違ってますよ!

何かを「決める」と言う際に、日本人が真っ先に使いたくなる動詞が ‘decide’ ではないでしょうか。 それ自体は間違っていないのですが、この動詞が持つ本質的なニュアンスを理解 …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形との区別が微妙… …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

日本人のカン違い – ”common”と”popular”の違い

  日本人によくある間違いの一つに”common”と”popular”の使い分けがあります。 傾向として、どちらも「よくある」という意味として使ってしまう日本人が非常に多い気がします。 ”c …

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏はら まず、正し …