会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

前置詞 日本人の間違い 紛らわしい表現

「目的」のto do / for doingは使い分けが必要!

 

今回は「目的」を表すto do / for doingについてです。

言うまでもなく、to doは「to不定詞」と呼ばれ、for doingの方は、forが前置詞なので後ろは「動名詞-ing」になっており、どちらも「目的」を表せます。

同じ「目的」でも……

では、「目的」を言いたい場合、どちらを使っても同じなのでしょうか?

まずは次の英文をご覧ください。

〇 ex) Tom bought a screwdriver to fix his bicycle.

「トムは自転車を修理する”ために”ドライバーを買った」という英文で、to doは「doするために」という「目的」を表しています。

 

では次の文はいかがでしょうか?

× ex) Tom bought a screwdriver for fixing his bicycle.

こちらの英文は間違いとは言い切れませんが、少々不自然です。

前置詞forの後ろをちゃんと動名詞にしている点で文法的にはいたって的確な文章ですが、forを使ってしまうと「彼の自転車を修理するため”だけ”のドライバー」というニュアンスになってしまうのです。

つまり、「彼の自転車専用のドライバー」という含みが出てしまいます。

ですから、「自転車を修理するためにドライバーを買った」と言いたいときは、最初の文章のようにto doで言います。

以下のような流れなら全く問題はありません。

〇 ex) Tom bought a screwdriver to fix his bicycle. The tool was made for fixing bicycles.
「トムは自転車修理するためにドライバーを買いました。そのドライバーは自転車修理用のものです。」

改めて整理すると……

to do: 「doするために」
for doing: 「doingするための」

になります。

「てにをは」の違いは大きい

別の例文ではもっとはっきりと2つの違いが表れます。

ex) My mother joined a gym to lose weight.
ex) My mother joined a gym for losing weight.

上のto doを使った方は「やせる”ために”ジムに入った」ですが、下のfor doingの方は「やせる”ための”ジムに入った」です。

2つの違い分かりますか??

to doの「やせる”ために”」の場合は、ジムに入った目的、つまり「入った目的」をto doで説明しています。

これに対しfor doingの方は、「”やせることに特化したジム”に入った」というニュアンス、つまり「どんなジムか」を説明しているのです。

全く違いますよね?

日本語で言うところの”てにをは”の使い分けに近いかもしれません。

Hope this helps!

 

スポンサーリンク

-前置詞, 日本人の間違い, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

日本人のカン違い – ”common”と”popular”の違い

  日本人によくある間違いの一つに”common”と”popular”の使い分けがあります。 傾向として、どちらも「よくある」という意味として使ってしまう日本人が非常に多い気がします。 ”c …

“as far as”と”as long as”

  英語には、ほぼ同じ意味だけど、ニュアンスが違ったり、使い方が違うという表現がたくさんあります。 その中の1つに“as far as”と“as long …

「遠い」は”far”でもいいですが……

  「遠い」という表現は、日常的によく使うものでしょう。 「私の家はバス停から遠くて」とか「ここから駅は遠いですか?」などなど。 そのときに、日本人がまず思いつく単語が”far”ではないでし …

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け part 1

英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているのが「”It”は …

“think that S+V”など「that節」を従える動詞は「伝える・認知する」系の動詞に限られる

  単語を覚える際には、その意味だけを覚えても実際の会話などでは使い物になりません。 特に動詞は、意味だけ覚えても、実際の文章でどんな使われ方をするのか?というところまで押さえないと、とんち …