会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

雑学

なぜ”Robert”が「ボブ」になるの? – ニックネームの不思議

今回は英語のニックネームの謎についてお話します。

さっそくですが、以下をご覧ください。

ドナルド ⇒ ドン
マイケル ⇒ マイク

このあたりの変遷は容易に想像がつくと思います。

ボブの原型は?

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの実の弟で、司法長官を務めたロバート・ケネディのニックネームが「ボビー」でした。

つまり「ロバート」の愛称は「ボビー」なのです。

その他「ロバート」は「ロブ」や「ボブ」などと呼ばれたりもします。

その成り立ちを解き明かすと、まず「ロバート」を短縮して言いやすくしたのが「ロブ」。

その「ロ」の音が似ている「ボ」になって「ボブ」に。

最終的に親しみを込めて「ボビー」になったということです。

あの格闘家のボブ・サップの本名もRobert Malcolm Sappですね。

ウィリアムがビルに

もう一つ有名なのが「ウィリアム」のニックネーム「ビル」や「ビリー」です。

どう見ても聞いても、「ビル」の元が「ウィリアム」だなんて想像がつきませんよね?

「ウィリアム」の愛称には他に「ウィル」がありますが、こちらは短縮形ということで分かりやすいです。

では、なぜ「ビル」や「ビリー」になるのでしょう?

実はこれにはドイツ語が関係しているのです。

「ウィリアム」のスペルは”William”ですが、ドイツ語の”W”の発音が「ヴ」に近く、ドイツ系の人たちが「ヴィル」と発音していたため「ビル」になって、さらに親しみを込めたのが「ビリー」になりました。

New Yorkのアイコン、シンガーソングライターのビリー・ジョエルの本名はWilliam Martin Joelですし、かのマイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏はWilliam Henry Gates IIIです。(すごい名前ですね、笑)

日本にも同じようなケースがあります。

女の子の名前に「ひさこ」がありますが、そのニックネームが「ちゃこ」ですね。

これは、幼児が「さ」の発音が苦手で「ちゃ」になってしまい、「ひちゃこ」に。

それが最終的には「ちゃこ」と親しみを込めて呼ばれるという話です。

ひも解けば面白い

他にも英語のニックネームの妙はまだまだあります。

日本人にも聞きなれた名前が、実はある名前のニックネームだったというケースはよくあることです。

いくつか例をあげてみましょう。

レベッカ ⇒ ベッキー
エリザベス ⇒ リズ、ベス、ベティー
アンソニー ⇒ トニー
フィリップ ⇒ バド
リチャード ⇒ ディック

などなど。

それぞれの成り立ちを紐解いてゆくのも面白いと思います!

スポンサーリンク

-雑学

執筆者:

関連記事

あなたのネイティブ先生、大丈夫ですか? – ”ネイティブ信仰”を斬る!

いきなりですが、みなさんにお聞きします。 もし皆さんが来日したばかりの外国人で、「誰かに正しい日本語を習いたい」と思っているとします。 その時、「日本人なら誰でも日本語を話せるので、誰もいいから教えて …

これはすごい!一番自然なネイティブの言い回しを学べる辞典

同じことを言うにしても、人によってその言い方は様々。 英会話や英作文においても、何を言うにしても答えは一つではありません。 とは言え、「これが一番自然かな」という一般的な言い回しはあります。 自分が作 …

英単語のアクセントは大切です – 覚え方のコツを一挙紹介!

今回は英単語のアクセントの位置についてのお話です。 無数にある英単語のアクセントを一つ一つ覚えるのはナンセンスです。 アクセントの位置にはある程度の法則のようなものがあります。 最低限困らないルールを …

必読!おすすめ英文法書籍を一挙ご紹介

このブログの各記事内でもいくつかのおすすめ英文法書をご紹介していますが、「まとめて教えて欲しい!」というリクエストをいくつか頂きましたので、ここで一気にまとめてご紹介します! あくまでも筆者の独断と偏 …

‘R’ の発音には簡単なコツが – 発音向上委員会!

このブログの主旨は文法ですが、以前何となく投稿した発音(アクセント)についての記事の閲覧数が予想以上の多く、もう一記事書くことにしました。 発音については、まだまだお伝えしたいことが多々あるんです(笑 …