会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

前置詞

“in”, “on”, “at” – 時を表す言葉につく前置詞の数々のルール

 

“in”, “on”, “at”などの前置詞には多様な使い方があり、私たち学習者を惑わします。

特に、これらの前置詞と「日時を表す単語」とのペアリングには厳密な決まりがあるので覚えておく必要があります。

”in”は不必要になります

まずは以下をご覧ください。

ex) I have to get up early in the morning. 
「私は朝早く起きなければいけない」

ex) We start for Tokyo tomorrow morning.
「私たちは明日の朝東京へ出発します」

どちらも「朝に」という意味で同じですね。

しかし、片方には”in”があり、もう一方にはありません。

「朝に」の基本は最初の文で使われている”in the morning”です。

しかし、”tomorrow”や”yesterday”などが形容詞的にくっつくと前置詞”in”を取るというルールがあるのです。

同様の例を見てみましょう。

ex) It was very hot in the afternoon.
「今日の午後はとても暑かった」

ex) See you tomorrow afternoon.
「明日の午後会いましょう」

「午後に」の基本は”in the afternoon”ですが、「明日の午後」は前置詞”in”が取れて”tomorrow afternoon”にしなくてはいけません。

さらに前置詞がなくなります

さらに、”this”, “that”, “last”, “next”, “every”, “each”, “all”などが日時を表す言葉につくと前置詞が必要なくなります

ex) I’m going to New York next Monday.
「次の月曜日にニューヨークへ行きます」

曜日をいうときの基本は”on Monday”のように前置詞”on”を必要としますが、上記のような限定詞などがくっつくと前置詞がなくなります。

ex) My father gets up early every morning.
「私の父は毎朝早起きします」

これも同様のルールが当てはまっていますね。

”on”は「1日」、”in”は「2日以上」

さらに混迷していきます(笑)

以下4つの基本形を見てください。

・in the morning「朝に」
・in the afternoon「午後に」
・in the evening「晩に」
・at night「夜に」

これらは問題ないと思いますが、これらに曜日がくっついて「月曜日の朝」などと言いたいときには前置詞が”on”に変わってしまいます。

ex) Why don’t we have a party on Friday night?
「金曜の夜にパーティーしない?」

ex) I’ll come round to your place on Sunday afternoon.
「日曜の午後にお邪魔しますね」

さらに、日付が加わった場合も”on”になります。

ex) I arrived in Narita on the morning of May 3rd.
「5月3日の朝に成田に着きました」

そもそも”on”が日時に使われるときは「1日」を表す言葉と共に使われるのが基本です。

ですから、上記のようなはっきりとした曜日や「5月3日」などの特定の日を示す時は”on”になります。

これと対になるのが”in”です。

“on”の「1日」に対して、”in”は「2日以上」です。

・in March「3月に」
・in winter「冬に」
・in 1988「1988年に」

これらは全て「2日以上」ですよね。

だんだんややこしくなってきましたが(笑)、正確な英語を目指すのならどうしても押さえておきたいポイントです!!

スポンサーリンク

-前置詞

執筆者:

関連記事

「目的」のto do / for doingは使い分けが必要!

  今回は「目的」を表すto do / for doingについてです。 言うまでもなく、to doは「to不定詞」と呼ばれ、for doingの方は、forが前置詞なので後ろは「動名詞-i …