会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 紛らわしい表現 雑学

‘I am a Japanese.’ とは言えません- 国籍を語る際の注意点!

「私は日本人です」

英語を話す機会がある人は、上のような発言をする機会も多いと思います。

さて、あなたはこれをどう英語で言いますか?

国籍によってバラバラ…

いやいや、↓↓でいいでしょ!

×)I’m a Japanese.

はい、これ間違いです(笑)

  

まずは様々な国籍の人の自己紹介を列挙してみましょう。

ex) I’m an American.

ex) I’m Swedish.

ex) I’m a Canadian.

ex) I’m Chinese.

ex) I’m British.

ex) I’m Italian.

ex) I’m Scottish.

ex) I’m an Indian.

などなど…。

よーく見ると、国によって冠詞の ‘a (an)’ が付いたり付かなかったり…。

今一つ法則性のようなものが見当たらない??

実はある法則があるのです!

語尾で分ければスッキリ!

上にあげた数々の例、大きく分けて3つの種類に分けられます。

どう分けるかというと…語尾に注目してください。

大きく3種類に分けます。

【-ish型】

ex) I’m Swedish.
ex) I’m British.
ex) I’m Scottish.

語尾が ‘-ish’ で終わるものは形容詞です。

ですから冠詞はつけません。

*ただし、以下のようなケースは名詞なので冠詞が必要です。
ex) He is a Swede. (スエーデン人)
ex) Susan is a Scot.(スコットランド人)

  

【-ese型】

ex) I’m Chinese.
ex) I’m Taiwanese.

今度は ‘-ese’ で終わるケースです。

これも形容詞なので冠詞は必要ありません。

ということで、「私は日本人です」は次のようになります。

ex) I’m Japanese.

  

【-an型】

ex) I’m an American.
ex) I’m a Canadian.
ex) I’m an Indian.

最後に、語尾が ‘-an’ で終わるタイプです。

これらは全て可算名詞です。

ですから冠詞 ‘a(an)’ が必要です。

あれ!?

ex) I’m Italian.

はどうなるの!!??

はい、いいところに気づきましたね(笑)

‘-an’ で終わる単語の場合、形容詞もあります。

ex) an Italian car.
「イタリア製の車」

といいますものね。

つまり、’-an型’ が語尾の場合は、名詞と形容詞の両方が可能なのです。

ex) I’m an American.
ex) I’m American.

どちらも「私はアメリカ人です」で適格なのです。

  

ちょっとややこしくなってきましたね(笑)

改めて整理します。

【-ish型】 形容詞なので冠詞ナシ
【-ese型】 形容詞なので冠詞ナシ
【-an型】 名詞・形容詞なのでどちらでもOK

ということは、面倒なので全て「冠詞ナシ」で行ってしまえばいいのです!(笑)

「国籍は全て冠詞ナシ」

こう覚えれば間違うことはありません。


スポンサーリンク

-日本人の間違い, 紛らわしい表現, 雑学

執筆者:

関連記事

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

数字だって複数形になりますよ!

  英語の基本的なルールとして、「複数個の名詞は複数形にしなくてはいけない」というものがあります。 「彼は高級車を3台持っています」であれば、”He has three fancy cars …

間違えやすい”each other” – 副詞ではなく代名詞です!

“each other”は、「お互いに」と言いたいときの日本人が大好きな表現。 しかし、その使い方を間違っている人がいかに多いことか! 今回はその”each oth …

これはすごい!一番自然なネイティブの言い回しを学べる辞典

同じことを言うにしても、人によってその言い方は様々。 英会話や英作文においても、何を言うにしても答えは一つではありません。 とは言え、「これが一番自然かな」という一般的な言い回しはあります。 自分が作 …

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏はら まず、正し …