会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 紛らわしい表現

“at last”と”finally”は使い分けが必要!

 

「ついに~、ようやく、とうとう」という時に”at last”を使う日本人は多いと思います。

しかし、”at last”はどんな時にも使える万能選手ではありません!

同じ意味を持つ”finally”と比較しながら、正しい使用法を見てみましょう。

“at last”は「いいこと」が起きた時のみ

まず大前提として“at last”は「いいこと」が起きた時にしか使えません!

ですから以下のように「彼はナンシーとついに別れたよ」という文章では使えません。

At last he has broken up with Nancy.

 

ロングマン英英辞典で”at last”の定義を見てみましょう。

use this when something good happens after you have waited for it for a long time

「長い間待ち続けていた何か嬉しいことが起きた時に使う」

このように、”at last”の用法を明快に定義しています。

同辞典には例文として以下の文章を挙げています。

ex) We reached the summit at last.
「ついに頂上に着きました」

ex) I’m really glad that Ken’s found a job at last.
「ケンがついに仕事を見つけてとても嬉しいです」

どれも「いいこと・嬉しいこと」が成就した時ですよね。

迷ったら”finally”

今度は”finally”の定義を見てみましょう。

after a long time

はい、シンプルです(笑)

こちらは「良い結果」「悪い結果」のどちらにも使えますので、迷ったら”finally”を使えば間違えありません。

再びロングマンの例文を見てみましょう。

ex) The plane finally arrived at 6:30.
「飛行機は6時30分にようやく到着した」

ex) After a lot of questioning, James finally admitted he had taken the car.
「長い尋問の後、ついにジェームスは車を奪ったことを認めた」

ちなみに、この”finally”は、”in the end”や”eventually”に置き換えられます。

ということで、基本的な使い分けとして、”at last”は「いいこと」のみ、迷ったらどちらでも使える”finally”でほぼ問題はないと思います!

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“think that S+V”など「that節」を従える動詞は「伝える・認知する」系の動詞に限られる

  単語を覚える際には、その意味だけを覚えても実際の会話などでは使い物になりません。 特に動詞は、意味だけ覚えても、実際の文章でどんな使われ方をするのか?というところまで押さえないと、とんち …

”a few”は「2~3の」という意味ではない!

  日本人のカンチガイの一つに”a few”のとらえ方があります。 この意味を「2~3の」としてとらえている人がとても多いですね…… では本当は……? そもそも実数ではない まず大前提として …

「遠い」は”far”でもいいですが……

  「遠い」という表現は、日常的によく使うものでしょう。 「私の家はバス停から遠くて」とか「ここから駅は遠いですか?」などなど。 そのときに、日本人がまず思いつく単語が”far”ではないでし …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

「数詞+名詞」が形容詞になるとき……

  今回は日本人が間違いやすい「複数形」のお話です。 まず、次の文章をご覧ください。 ex) a two-weeks vacation 「2週間のお休み」という意味にしたいのですが、どこかに …