会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 時制 紛らわしい表現

「最近」の “nowadays” “these days” “recently” “lately”の使い分け

 

多くの英語学習者を悩ます「最近」について、ズバリその使い分けをお伝えします。

これでどの「最近」を使えばいいのかもう悩むこともなくなります!

「最近」を表す言葉には”nowadays” “these days” “recently” “lately”の4つがありますが、大きく分けると2つに分けられます。

“nowadays”と”these days”は現在に属する

まずは、”nowadays”と”these days”から。

この2つは「現在」に属します。

つまり、現在形の文章でのみつかわれます。(現在進行形も可)

「現在」に属するということは、過去時制と完了時制では使えないということになりますのでご注意ください。

例文で確認しましょう。

ex) A lot of people nowadays are aware of the importance of a healthy diet.
「最近は多くの人がダイエットの重要性に気づいています」

あのThe Beatlesの曲にも次のような一節があります。

ex) These days such a kind of girl seems so hard to find.
「最近はそんな女の子はなかなかいないよね」
(楽曲”Things we said today”より)

 

この2つが持つ最大のポイントが、「現在の状況と過去との対比が含意されている」ということ。

「昔と比べて~」という過去と現在との対比が鮮明になるのですね。

ですから、特に過去との対比をせずに、あくまでも「最近、今」と言いたいときには普通に”now”や”at this moment”を使った現在形の文章でいいわけですね。

ちなみに、口語では圧倒的に”these days”の方が使われます。

ネイティヴにとって”nowadays”はちょっと固い響きが響きがあるようです。

“recently”と”lately”は過去に属する

次に、残りの”recently”と”lately”です。

この2つが属するのは「過去」です。

まずは”recently”から。

“recently”は過去形と完了形に使われます。

先程の”nowadays”と”these days”とは違い、現在形では使えませんのでご注意ください。

例文をどうぞ。

ex) A new species of plant was recently discovered in Brazil.
「新種の植物が最近ブラジルで発見された」

ex) I haven’t been feeling well recently.
「最近、気分がすぐれないんだよね」

 

次に”lately”です。

こちらは基本的に完了形の文のみでの使用になりますので、現在形の文では使えません。

ex) I’ve been very busy lately.
「最近とても忙しいよ」

 

ちなみに、”lately”は否定文や疑問文での使用が基本になり、例文のように”very”や”much”、”really”などがあれば肯定文でも使用可能…という見解もあるようで、ちょっと面倒……

ですから、過去形と完了形を使う「最近」という文章の時には”recently”一つでいいと思います!

実際にネイティヴも圧倒的に”recently”が多いですから!

 

以上で「最近」を表す4つの言葉の勉強は終わります。

もちろん言葉ですので例外はありますが、基本的に「最近」に関してはこれ以上の勉強は不要です!

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 時制, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形との区別が微妙… …

英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致

  日本語と違い、英語は時制にとても厳密な言語です。 「現在」と名のつくものだけでも、現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形と4種類もあります! さらに「過去」そして「未来」と名のつ …

「~まで」”till”と”by”の使い分け

  今回は「~まで」という表現を勉強します。 まず以下2つの日本語の文章を見てください。 「ここで8時まで彼を待っているね」 「8時まで戻ってきます」 さぁ、両方とも「~まで」が使われていま …

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

軽視できない現在形と進行形

  以前、英語は時制にとても厳しいというお話をしました。 (「英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致」参照) 英語には実に12種類の時制表現があり(!)、ネイティブはそれ …