会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

前置詞 日本人の間違い

「学生時代の友達」は ‘a friend of school’ でいいの? – 前置詞 ‘of’ の乱用に注意!

先日、プライベートで教えている高校生が次のような英文を作りました。

×) I met a friend of high school yesterday.

「昨日高校の友達に会った」という意味の文章を書きたかったのですが、誰もがやりがちなミスを犯しています…

わかりますか?

それは ‘a friend of high school’ の部分の前置詞 ‘of’ です…

‘of’ の基本は「全体の一部」

前置詞 ‘of’ のコアイメージは「全体の一部」「~から生まれた」などです。

ex) We climbed to the top of the mountain.
「我々は山の頂上に上った」

「頂上」は「山」の一部ですよね。

ex) Her office is on the second floor of this building.
「彼女のオフィスはこのビルの2階です」

「2階」はビルの一部ですものね。

  

ここまでで、冒頭の ‘ a friend of high school’ がなぜ間違いなのかがお分かりいただけたと思います。

「友達」は「高校」の一部ではありませんよね。

「~の」は何でもかんでも ‘of’ ではない!

「~の…」と言いたい時に、日本人が大好きなのが ‘~of…’ です(笑)

先ほどの例はその典型。

つまり前置詞 ‘of’ の誤用です。

正しくは次の通りです。

〇) I met a friend from high school yesterday.

はい、前置詞は ‘from’ です。

「~の…」 を機械的に全部 ‘of’ で処理することはできないのです!

  

いくつか例を見てみましょう。

ex) I am visiting a temple in Kyoto next week.
「私は来週京都のあるお寺に行きます」

「京都のお寺」だからといって ‘ a temple of Kyoto’ ではありません。

ex) Could let me know the URL for / to the web site?
「そのウェブサイトのURLを教えてくれませんか?」

知り合いのイギリス人曰く、これは ‘for / to’ どちらも可能とのことです。

ex) I’ve lost the key to the door of my house.
「家の鍵を失くしてしまった」

「ドア」は家の一部なので ‘the door of my house’ でOKです。

しかし、「鍵」と「ドア」はそれぞれ独立した個別の物なので、通常 ‘of’ でつなぎません。

  

その他、知り合いのイギリス人が挙げてくれた例をいくつか。

ex) a solution to the problem
「問題の解決策」

ex) change in attitude
「態度の変化」

ex) water in the glass
「グラスの水」

  
いかがですか?

「~の」は全部 ‘of’ で済ませられれば楽なのですがね(笑)

たくさんの英語に触れていけば、前置詞に対する感覚はだんだんと鋭くなってゆくはずです。

Hope this helps!

スポンサーリンク

-前置詞, 日本人の間違い

執筆者:

関連記事

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

“There is/are~構文”は制限だらけ(?)

  私たちが学校などで英語を学び始めると、必ず習う構文の一つに“There is/are~”構文があります。 「どこそこに~がある・いる」という、泣く子も黙る(笑)黄 …

“at last”と”finally”は使い分けが必要!

  「ついに~、ようやく、とうとう」という時に”at last”を使う日本人は多いと思います。 しかし、”at last”はどんな時にも使える …

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

  今回はとても便利な表現”give up”についてです。 “give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。 「あきらめる」 「降参する」 「ギヴする」(笑) という意味合いで「 …