会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

前置詞 日本人の間違い

「学生時代の友達」は ‘a friend of school’ でいいの? – 前置詞 ‘of’ の乱用に注意!

先日、プライベートで教えている高校生が次のような英文を作りました。

×) I met a friend of high school yesterday.

「昨日高校の友達に会った」という意味の文章を書きたかったのですが、誰もがやりがちなミスを犯しています…

わかりますか?

それは ‘a friend of high school’ の部分の前置詞 ‘of’ です…

‘of’ の基本は「全体の一部」

前置詞 ‘of’ のコアイメージは「全体の一部」「~から生まれた」などです。

ex) We climbed to the top of the mountain.
「我々は山の頂上に上った」

「頂上」は「山」の一部ですよね。

ex) Her office is on the second floor of this building.
「彼女のオフィスはこのビルの2階です」

「2階」はビルの一部ですものね。

  

ここまでで、冒頭の ‘ a friend of high school’ がなぜ間違いなのかがお分かりいただけたと思います。

「友達」は「高校」の一部ではありませんよね。

「~の」は何でもかんでも ‘of’ ではない!

「~の…」と言いたい時に、日本人が大好きなのが ‘~of…’ です(笑)

先ほどの例はその典型。

つまり前置詞 ‘of’ の誤用です。

正しくは次の通りです。

〇) I met a friend from high school yesterday.

はい、前置詞は ‘from’ です。

「~の…」 を機械的に全部 ‘of’ で処理することはできないのです!

  

いくつか例を見てみましょう。

ex) I am visiting a temple in Kyoto next week.
「私は来週京都のあるお寺に行きます」

「京都のお寺」だからといって ‘ a temple of Kyoto’ ではありません。

ex) Could let me know the URL for / to the web site?
「そのウェブサイトのURLを教えてくれませんか?」

知り合いのイギリス人曰く、これは ‘for / to’ どちらも可能とのことです。

ex) I’ve lost the key to the door of my house.
「家の鍵を失くしてしまった」

「ドア」は家の一部なので ‘the door of my house’ でOKです。

しかし、「鍵」と「ドア」はそれぞれ独立した個別の物なので、通常 ‘of’ でつなぎません。

  

その他、知り合いのイギリス人が挙げてくれた例をいくつか。

ex) a solution to the problem
「問題の解決策」

ex) change in attitude
「態度の変化」

ex) water in the glass
「グラスの水」

  
いかがですか?

「~の」は全部 ‘of’ で済ませられれば楽なのですがね(笑)

たくさんの英語に触れていけば、前置詞に対する感覚はだんだんと鋭くなってゆくはずです。

Hope this helps!

スポンサーリンク

-前置詞, 日本人の間違い

執筆者:

関連記事

”Do you know SMAP?”と言われたら?

  突然ですが、もしあなたが以下の疑問文を聞かれたらどう答えますか? ex) Do you know SMAP? なんの躊躇もなく”Yes, I do.”と答える方が多いと思います。 しかし …

3大代名詞の “it”, “this”, “that” を的確に使い分ける!

  突然ですが、次のカッコの中から正しいものを選んでください。 A: I’m thinking of taking a walk with you after breakfast. Wha …

could のお話 part 1 – 助動詞couldはcanの単なる過去形ではない!

   「~することができた」といいたい時、何でもかんでもcanの過去形であるcouldを使えばOK!でしょうか? 結論から言うと、違います! canが「~することができる」だから、「~することができた …

「最近」の “nowadays” “these days” “recently” “lately”の使い分け

  多くの英語学習者を悩ます「最近」について、ズバリその使い分けをお伝えします。 これでどの「最近」を使えばいいのかもう悩むこともなくなります! 「最近」を表す言葉には”nowa …

“in”, “on”, “at” – 時を表す言葉につく前置詞の数々のルール

  “in”, “on”, “at”などの前置詞には多様な使い方があり、私たち学習者を惑わします。 特に、これらの前置詞と「日時を表す単語」とのペアリングには厳密な決まりがあるので覚えておく …