会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

前置詞 日本人の間違い

「学生時代の友達」は ‘a friend of school’ でいいの? – 前置詞 ‘of’ の乱用に注意!

先日、プライベートで教えている高校生が次のような英文を作りました。

×) I met a friend of high school yesterday.

「昨日高校の友達に会った」という意味の文章を書きたかったのですが、誰もがやりがちなミスを犯しています…

わかりますか?

それは ‘a friend of high school’ の部分の前置詞 ‘of’ です…

‘of’ の基本は「全体の一部」

前置詞 ‘of’ のコアイメージは「全体の一部」「~から生まれた」などです。

ex) We climbed to the top of the mountain.
「我々は山の頂上に上った」

「頂上」は「山」の一部ですよね。

ex) Her office is on the second floor of this building.
「彼女のオフィスはこのビルの2階です」

「2階」はビルの一部ですものね。

  

ここまでで、冒頭の ‘ a friend of high school’ がなぜ間違いなのかがお分かりいただけたと思います。

「友達」は「高校」の一部ではありませんよね。

「~の」は何でもかんでも ‘of’ ではない!

「~の…」と言いたい時に、日本人が大好きなのが ‘~of…’ です(笑)

先ほどの例はその典型。

つまり前置詞 ‘of’ の誤用です。

正しくは次の通りです。

〇) I met a friend from high school yesterday.

はい、前置詞は ‘from’ です。

「~の…」 を機械的に全部 ‘of’ で処理することはできないのです!

  

いくつか例を見てみましょう。

ex) I am visiting a temple in Kyoto next week.
「私は来週京都のあるお寺に行きます」

「京都のお寺」だからといって ‘ a temple of Kyoto’ ではありません。

ex) Could let me know the URL for / to the web site?
「そのウェブサイトのURLを教えてくれませんか?」

知り合いのイギリス人曰く、これは ‘for / to’ どちらも可能とのことです。

ex) I’ve lost the key to the door of my house.
「家の鍵を失くしてしまった」

「ドア」は家の一部なので ‘the door of my house’ でOKです。

しかし、「鍵」と「ドア」はそれぞれ独立した個別の物なので、通常 ‘of’ でつなぎません。

  

その他、知り合いのイギリス人が挙げてくれた例をいくつか。

ex) a solution to the problem
「問題の解決策」

ex) change in attitude
「態度の変化」

ex) water in the glass
「グラスの水」

  
いかがですか?

「~の」は全部 ‘of’ で済ませられれば楽なのですがね(笑)

たくさんの英語に触れていけば、前置詞に対する感覚はだんだんと鋭くなってゆくはずです。

Hope this helps!

スポンサーリンク

-前置詞, 日本人の間違い

執筆者:

関連記事

‘very’ には形容詞の働きも! – もっと ‘very’ を有効活用しましょう

ex) Thank you very much! いきなりの例文です(笑) この英文、恐らく英語を話せない日本人でもほぼ間違いなく知っているものでしょう。 ex) I’m very hun …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?①

英語をマスターするうえで、時制はとても大切な文法項目です。 実際に、以前ご紹介した文法書の世界的名著”Grammar in use”も、時制のセクションから始まっており、かなりのページを割いています↓ …

助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!

今回紹介するのは、ネイティブが指摘する日本人の英語誤用No.1に君臨する助動詞”may”です。(ネイティブによっては、あまりに多くてイライラするとまで言う人もいます、笑) 結論から言うと、日本人は「た …

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …