会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

紛らわしい表現

”put on it”は間違い – 句動詞の世界

 

ネイティブの日常会話に頻繁に登場する”give out””get on”などの表現。

これらは句動詞と呼ばれるもので、”give”や”get”、”take”などの超基本動詞に”on”や”off”などの副詞がくっついた、熟語的な表現です。

難しい動詞よりも句動詞を

例えば、日常的によく使う「延期する」という表現。

1語で表すには”postpone”という動詞がありますが、実際の会話では”postpone”よりも同じ意味の句動詞”put off”の方がよく使われます。

ex) The game has been put off till next week.
「その試合は来週まで延期されました」

日本人は、とかく言いたいことに相当する1語の単語を探そうとしますが、実際のネイティブの会話では、このような基本動詞を使った句動詞の方が多用されます。

目的語の位置は?

この句動詞ですが、目的語の位置に注意が必要です。

例えば“put on”は「(衣服などを)着る」という句動詞ですが、この場合以下の2通りが可能です。

○He put his coat on.
○He put on his coat.

「彼はコートを着た」という英文ですが、目的語の”his coat”の位置に注目してください。

上の例文は動詞”put”と副詞”on”の間にありますが、下は”put on”の後ろに来ています。

もちろん、どちらも同じ意味になり正しい英文です。

つまり、目的語は副詞の前でも後ろでもどちらでも可能です。

目的語が代名詞の時は注意!

ただこの句動詞、目的語が代名詞の場合には注意が必要なのです。

上の2つは、目的語が”his coat”という名詞でした。そのような場合は、副詞の前と後ろのどちらでも可能なのです。

しかし、以下をご覧ください。

○He put it on.
×He put on it.

今回は目的語が代名詞の”it”です。

この場合は、上のように副詞の前しか許されません。

つまり、目的語が代名詞の場合は、動詞と副詞で代名詞をはさんでやらなくてはいけないのです!

他の例を見てみましょう。

ex) A : Have you looked up those words in the dictionary?
「それらの単語の意味を辞書で調べましたか?」
 B : Yes, I looked them up last night.
「はい、昨夜調べました」

Aさんの場合は、目的語が”those words”なので”looked up those words”でも”looked those words up”でも構いません。

しかしBさんは、目的語が代名詞”them”なので” looked them up”しか許されません。

ちょっとしたことですが、このような小さなルールも覚えておきたいものですね!

スポンサーリンク

-紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“this”と”that”の意外な使い分け

  今回は誰でも知っている“this”と“that”です。 知ってるよー! “this”は「これ」で、”t …

”last Monday”は、いつの月曜日?

  コミュニケーションにおいて日時を正確に伝えることはとても重要ですよね? 曜日や時間を間違えてしまうと、さまざまなトラブルを招きかねません。 しかしながら、英語と日本語ではその発想が少し違 …

これで間違えない! – 否定疑問文の答え方

  今回はみなさんが苦手としている(であろう、笑)否定疑問文に対する答え方にスポットを当ててみたいと思います。 英語のロジックになれる まず、否定疑問文の例文を見てみましょう。 ex) Di …

“as far as”と”as long as”

  英語には、ほぼ同じ意味だけど、ニュアンスが違ったり、使い方が違うという表現がたくさんあります。 その中の1つに“as far as”と“as long …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形との区別が微妙… …