会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

仮定法

「法」のお話し① – 直説法

 

さあ、今回は英語を理解するうえで大切な「法」のお話です。

ちょっと難しそうですが、これが分かればあの難しい「仮定法」もスッキリと理解できます!
「仮定法 – イントロダクション」参照)

「法」は3種類

まず、英語には以下3つの「法」があり、全ての文章はそのどれかに当てはまります。

■直説法
■仮定法
■命令法

「法」は英語では”mood”といいますが、日本語で「ムード」というと”気持ち”……つまり”心の状態”ですね。

つまり、話し手のどういう気持ち(=心の状態)を表すかによってこの3つの「法」を使い分けるのです。

そして、最大のポイントは、英語ではこの”心の状態”の違いを、その文章で使われている動詞の形で区別するというところです。

ですから、「法」=「動詞の形」ということです。

まず今回はトップバッターの「直説法」から見ていきましょう!

客観的なムード

「直説法」に感情はありません。

ex) I am a student.(私は学生です)
ex) My mother speaks very fast.(私の母はとても早口です)
ex) The news made him sad.(彼はそのニュースで悲しくなった)

これらの文章は、単に事実を客観的に伝えているだけです。

「私は学生」という事実を言っているだけ……
「母が早口」という事実を言っているだけ……
「ニュースで悲しくなった」という事実を言っているだけ……

つまり、話し手は何の感情(=気持ち)も持たずに、実際の事実をたんたんと伝えているだけです。

そして、その時の動詞を見てください!

「今の話」なら現在形で、「過去の話」なら過去形で……

その事実に即した適切な形(時制)で表現されていますよね?

これこそが「直説法」なのです!

つまり客観的事実を、何の気持ちも込めずに、たんたんと述べるときの動詞の形が「直説法」です。

この「直説法」は別名「叙実法(事実を叙述する法)」ということからも、その本質が理解できますよね。

「だから何?」
「なーんだ、要するにただの普通の文章のことじゃん!」

という声が聞こえてきそうですね(笑)

そうなのです!

「直説法」は皆さんが普段何の気なしに使っている表現方法に他なりません。

あえて「直説法」を論じる目的は、「仮定法」の本質を理解するときに、この「直説法」との対比がとても重要になってくるからです。

ということで、次回の「仮定法」をお楽しみに!

スポンサーリンク

-仮定法

執筆者:

関連記事

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

  仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、 …

仮定法の”If ~should~”は未来指向

  今回は仮定法の”If ~should~”です。 こちらも以前ご紹介した”were to”と同じで、未来における仮定を言い表す表現方法で、「仮定法未来」と呼ぶことのできるものです。 (「仮 …

「法」のお話し③ – 命令法

  「法」のお話も今回が最後です。 今回は3つある「法」のうちで、一番簡単で分かりやすい「命令法」です。 *他の2つは…… 「法」のお話し① – 直説法 「法」のお話し② &#8 …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …

仮定法過去は”過去”を意味しない!

  今回は「仮定法過去」のお勉強です。 (以下2つ参照ください) 「仮定法 – イントロダクション」 「『法』のお話し② – 仮定法」 型は? まずは例文から。 ex) If I …