会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

仮定法

「法」のお話し② – 仮定法

 

さあ、「法」のお話し②は、いよいよ「仮定法」です!

まず、前提として……

英語の「法」には3種類あって、それぞれ話し手の込める”気持ち(=ムード)”が違うんでしたね。

■直説法
■仮定法
■命令法

英語の文章は、必ずこの3つのどれかに当てはまり、動詞の形を変えてそれが何法なのかを区別するんでしたよね。

つまり、「法」=「動詞の形」でした。

で、そのうちの1つである「直説法」は、何の気持ちも込めない“客観的なムード”でした。
「『法』のお話し① – 直説法」参照)

主観的なムード

では、今回の「仮定法」は?というと……

ズバリ、“主観的なムード”です!!

実際の文章を見てみましょう。

ex) I wish I were a bird.(僕が鳥だったらなぁ)
ex) If I had time, I would help you.(もし時間がればなぁ……)

1つ目の文章は、実際には「鳥ではない」ですよね?

2つ目の文章は、実際には「時間はない」んです。

これらの文は、事実を踏まえて、それとは逆の主観が入った願望・仮定を表現しています。

正に“主観的なムード”です!

この時の動詞の形に注目してください。

1つ目は”were”で、2つ目は”had”になっています。

つまり、動詞の過去形ですよね?

意味としては「今、鳥だったらなぁ」「今、時間があれば」と、”今現在”の話をしているのに……

英語では、事実に反する主観的な願望や仮定を表す時には、動詞の時制が1つ過去へシフトバックする、というルールがあります。

その動詞の形を「仮定法」と呼ぶのです。

ちなみに、こちらも「直説法」同様に別名があり、「叙想法(仮想を叙述する法)」と言います。

現実離れ

以前、「仮定法 – イントロダクション」でちょっと触れていますが、「仮定法」のキモは”現実離れ”です。

”現在からの時の隔たり”、つまり「今は違う」ということを表すために動詞を過去形にする……それが「仮定法」です。

現在形のままだと、事実に即した言い方になってしまい、「直説法」になってしまいますよね。

つまり、「現実離れ」だから「過去形」

これが「仮定法」の気持ちです!!
(「仮定法」の実際の作り方やパターンは仮定法過去仮定法過去完了をご覧ください)

スポンサーリンク

-仮定法

執筆者:

関連記事

「法」のお話し① – 直説法

  さあ、今回は英語を理解するうえで大切な「法」のお話です。 ちょっと難しそうですが、これが分かればあの難しい「仮定法」もスッキリと理解できます! (「仮定法 – イントロダクシ …

仮定法過去の”were to”は自由に使える!

  このブログでは仮定法のトピックが多いですが、それだけ英語では仮定法が大切だということです。 つまり、実際の会話では、頻繁に仮定法が使われているということですね。 さて、今回は仮定法表現の …

実際の会話では“If節”なんて言わない(?)- 仮定法

  今回は以前にも何度か採りあげている仮定法の応用です。 (以下2記事参照ください) 仮定法 – イントロダクション 「法」のお話し② – 仮定法 仮定法は「事実とは …

過去における仮定・後悔は仮定法過去完了!

  さあ、今回は「仮定法過去完了」です。 仮定法でつまずく人が多い理由の一つとして、その名前があります。 以前勉強した「仮定法過去」を思い出してください。 名前こそ「仮定法”過去”」ですが、 …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …