会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”should have pp”には2つの意味

 

助動詞”should”に2つの意味がありますよね。

「~のはずだ」という推量
「~すべきだ」という義務

これが”should have p.p.”になると、それぞれに過去の意味が生じます。

「してしまっているはずだ」

まずは推量の意味での例文を;

ex) The plane should have left the airport.
「飛行機はもう空港を出発しているはずだ」

このように、何かの“完了を推測”するのですね。

ニュアンス的には「もう当然~しているはずだ」という、もともと”should”が持っている「~のはずだ」という意味を引き継いでいます。
「should / could…推量の助動詞の使い方」参照)

もう一つ;

ex) He should have finished dinner by now.
「彼は今頃はもう夕食を終えているはずだ」

これも“完了を推測”していますよね。

ちなみに、この例文のようにあくまでも過去の出来事について言及している文章に”now”という副詞がくっつくのは少し変な感じがしますが、このケースの場合は特に問題ありません。




「すべきだったのに……」

次はとても大切な使い方です。

“should”のもともとの意味である「~すべきだ」が、”should have p.p.”になると「~すべきだった」という過去の意味になります。

ex) You should have called him earlier.
「もっと早く彼に電話すべきだったね」

この文章から読み取れるのは「彼は早く電話するべきだったのに、実際にはしなかった」もしくは「電話するのが遅かった」などの意味です。

ですから、この”should have p.p.”を使った文は「過去への後悔」を表すのです。

ex) You shouldn’t have lent him your car.
「彼に車なんて貸すんじゃなかったね」

実際はこの人、彼に車を貸してしまったんですね。
(実際に車がどうなって帰ってきたかは知り由もありませんが……笑)

この意味での”should have p.p.”は日常会話でも非常によく使われます。

例えば、家を訪ねてきた友人が豪華なお土産を持ってきました。

その時あなたはこう言います……

ex) Oh, you shouldn’t have!

日本語にすると「そんなことしないで~!」という恐縮している感じですね。
(内心は分かりませんが……笑)

これもあえて直訳すれば「あなたはすべきではなかった」という意味ですね。

”should have p.p.”是非活用してください!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

意外な”have to”の使い方

  今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。 「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」 という声がたくさん聞こえてきますね(笑) まあまあ、落ち着い …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

  仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、 …

”could have pp”の使い方

  これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に …

助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!

  今回紹介するのは、ネイティブが指摘する日本人の英語誤用No.1に君臨する助動詞”may”です。(ネイティブによっては、あまりに多くてイライラするとまで言う人もいます、笑) 結論から言うと …

”I wouldn’t do ~”は「私ならdoしないよ」という便利な表現

  “would”や”could”は日本人が今一つ使いこなせない助動詞です。 “would”は”will”の過去形、”could”は”can”の過去形には違いありません。 でも、「過去形」と …