会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

動詞

”I tried”の本当の意味は?

 

今回は基本動詞である”try”の本当に使い方について考えましょう。

“try”は日本語でも「トライする」というふうに使うので、あまり深く考えずに使ってしまうケースが多いと思います。

まず、一番使われるパターンは”try to do”の形で、「doするように努める」といった感じですね。

ex) I will try to talk to him tomorrow.
「明日彼に話すようにします」

そして、”try”が名詞として使われることもあります。

ex) Let’s give it a try!
「さあ、始めましょう!」

これは何かを始めるときの決まり文句です。

ここまでは、皆さんもよくご存じのパターンだと思います。

過去形での使用は要注意

しかし、この”try”、過去形で使うときには注意が必要です。

ex) I tried to smile.

これを単純に「私は笑うように努めた」という解釈で終わらせてはいけません。

この文章の背後には「笑おうとした、でも笑えなかった」という意味が隠されているのです!

つまり”I tried to smile, but I couldn’t.”という意味になるのです。

”try”が過去形で使われるときは、基本的に全て「でも出来なかった・しなかった」という裏の意味があると思ってください。

他の例を見てみましょう。

ex) A : Did you wrap up the deal?
  B : I tried.
「取引はまとまった?」
「がんばったのですが、すみません」

シンプルに”I tried.”だけで、「やってみたのですが、出来なかった」という意味が伝わります。

仮に取引がまとまったのであれば、”I did.”と答えるはずですね。

もう一つ。

ex) I tried to finish my assignment yesterday.
「昨日宿題を終わらせよとしたのですが……(終わりませんでした)」

このように”try”を過去形で使うときには注意してくださいね。

“try doing”は意味が変わる!

ちなみに、”try”には”try to do”のように後ろにto不定詞を従えるパターンのほかに、動名詞を従える”try doing”の用法もあります。

to不定詞のパターンと動名詞のパターンで、意味が変わるのでご注意ください。

ex) I tried to open the window.
「窓を開けようとしました(でも開きませんでした)」

先ほどから見ているように、to不定詞の場合は「~しようと努めたが出来なかった」という意味になります。

ex) I tried opening the window.

しかし、上のように動名詞が続くケースでは「試しに~してみた」という意味になります。

つまり”try doing”は「結果に興味があるのでやってみる」という意味になり、上の例文は「私は開くかどうかわからないけど、試しに開けてみた」という意味です。

ネイティブは、“try to do”と”try doing”とをはっきりと使い分けてきますので、皆さんもぜひ覚えましょう!

それに加えて、過去形の”try”の本当の意味もぜひ併せて覚えておいてください!

スポンサーリンク

-動詞

執筆者:

関連記事

“have”さえあれば何でも言える!

  自然な英語を目指すなら“have”をはじめ“give” “get” “make”などの超基 …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

「~ではないと思う」は “I think A isn’t~” か? “I don’t think A is~” か?

  突然ですが、以下を英訳してください。 「彼はいいギタリストではないと思う」 多くの日本人は以下のようにするのではないでしょうか? ex) I think he isn’t a …

「自動詞」と「他動詞」のお話①

  英語には2種類の動詞があります。 「自動詞」と「他動詞」 ですね。 まず、次のシチュエーションを考えてみましょう。 お母さんに「夕べのパーティーは楽しかった?」と聞かれて、その答えとして …

かなり使える!”do”は会話で大活躍の動詞!

  英語の基本動詞といえば”give”, “get”, “make”, have”などがありますが、これらのような基本動詞を使いこなせれば、それだけで会話には不自由しなくなる!と言われている …