会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い

”a few”は「2~3の」という意味ではない!

 

日本人のカンチガイの一つに”a few”のとらえ方があります。

この意味を「2~3の」としてとらえている人がとても多いですね……

では本当は……?

そもそも実数ではない

まず大前提として”a few”は「少ない」というニュアンスで使います。
”few”そして”a little””little”も同様です)

「期待値・基準値より小さい」と考えるときに使うのです。

つまり「わずかな数」という意味でしかなく、「2~3」などの絶対値を表すわけではありません。

ですから、文脈次第では「数十の」や「数百の」になってしまい、その上限はありません!

実際の英文で見てみましょう。

ex) Most of the trees were destroyed by the fire, but a few survived.
「火事でほとんどの木が破壊されたが、残った木も少しはあった」

これが山火事についての話の場合、「ほとんどが焼けたが、2~3本が生き残った」というのはちょっと不自然ですよね(笑)

仮に、数百万本あった木が焼けて数百本になった、という場合でも”a few”を使って問題ありません。

ちなみに、「少しはあった」という肯定的なとらえ方をする場合は”a few”で、「ほとんどなかった」という否定的なニュアンスの時は”few”を使います。

どちらで解釈するかは、話し手の主観によります。

しかし、いずれにしても「少ない」というニュアンスには変わりありません。

少ない実数は”several”に任せて

上記の”a few”とよく対比されるのが”several”です。

“several”は「3~5くらいの」という絶対値を表します。
(とはいえ、実際に訳すときは「数個の」や「数人の」などになりますが)

辞書によって定義に若干のばらつきはありますが「”a few”よりは少しだけ多いが、”many”より多くはない実数」あたりで落ち着くようです。

“several”のポイントは「思ったよりも多い」という含みがあることです。

ex) I saw several people swimming although it was very cold.
ex) I saw a few people swimming although it was very cold.

上の”several”を使った方は「とても寒かったが、思ったよりも多くの人々が泳いであるのを見た」というニュアンスになり、下の”a few”のほうは「泳いでいる人がすこしはいた」というニュアンスになります。

“some”との対比も参考になるでしょう。

ex) I bought some books yesterday.
「私は昨日いくつかの本を買った」

ex) I bought several books yesterday.
「私は昨日いくつも本を買った」

“some books”の「いくつかの本」に対し、”several books”は「いくつもの本」というニュアンスになります。

オンラインレッスン・お悩み相談はじめます!

たくさんの方々らからご要望を頂いておりますオンラインでのレッスンを始めたいと思います。

カリキュラムは全て皆さん次第。

「関係代名詞だけを強化したい」
「このテキストに沿って教えて欲しい」

など、どのようなご希望にもお応えします!

レッスンという形態ではなく、1回きりのご質問なども大歓迎!

「こんな質問恥ずかしくて…」
「レッスンではなく、ただ〇〇について知りたいだけなんだけど…」

などなど、どんな小さなお悩みにもお応えします。

↓↓内容・レッスン料などはこちらから↓↓

たくさんのお問い合わせお待ちしております!

スポンサーリンク

-日本人の間違い

執筆者:

関連記事

「ほとんどの車」は”almost cars”ではありません! – “almost”の誤用にご注意を

  日頃の会話で、「ほとんどの男性は」とか「ほとんどの車は」など、「ほとんど」という表現をよく使うと思います。 これを英語にしようとした時に、日本人がやりがちなのが”almost + 名詞 …

「目的」のto do / for doingは使い分けが必要!

今回は「目的」を表すto do / for doingについてです。 言うまでもなく、to doは「to不定詞」と呼ばれ、for doingの方は、forが前置詞なので後ろは「動名詞-ing」になって …

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏はら まず、正し …

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

  今回はとても便利な表現”give up”についてです。 “give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。 「あきらめる」 「降参する」 「ギヴする」(笑) という意味合いで「 …

「クレームをつける」は”claim”ではない!

  とかく会社や人に対して文句をつける人を日本では「クレーマー」と呼びますよね。 「クレームをつける」などという使い方もあります。 日本ではこれらの言葉がもう完全に定着した感がありますが、英 …