会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

動詞

”megafeps”という単語の意味は? – 動名詞を取る動詞

 

みなさんは”megafeps”という単語はご存知ですか?

あわてて辞書を開いたそこのあなた!

残念ながら辞書には出ていません(笑)

まずは英語のルールを

英語の基本ルールとして「動詞+動詞」というふうに動詞がつながることは許されません。
(ただし、くだけた会話では”Come see me.”「会いに来てね」というケースもあります)

ex) We enjoyed the film.
「私たちは映画を楽しんだ」

このように、英語は基本的に動詞(ここではenjoyed)の後ろには名詞要素(ここではthe film)がきます。

では、「私はギターの演奏を楽しんだ」と言いたい場合はどうでしょう?

「楽しんだ」は先ほどと同じ”enjoyed”を使いましょう。

次に「ギターの演奏」はどうすればいいでしょう?

単純に“enjoyed play the guitar”というふうに「動詞+動詞」でも問題ないでしょうか?

いいえ、先ほどの繰り返しになりますが、英語では「動詞+動詞」というふうに動詞が連続することは基本的に許されません。

もし“enjoyed play”のように動詞の後ろにまた動詞を持ってきたいのであれば、持ってくる動詞(ここでは”play”)を名詞の形に変えてあげなければいけません!

だって、先ほども言いましたが、動詞の後ろの目的語は基本的に名詞要素でなければいけないのですよね。

これが英語の基本ルールです。

動詞を名詞に変える方法は2つ

では、どうすれば動詞が名詞に変わるのでしょう?

動詞を名詞に変える方法は2つあり、一つはその動詞の前に”to”をつけて”to do”にする。

これを「to不定詞」と呼びます。

そして、もう一つはその動詞を”doing”にしてあげる方法で、これを「動名詞」と呼びます。

動詞の後ろにまた動詞を持ってきたい場合は、このどちらかの形に変えてあげなければいけません!

そして、どちらの形になるかは、どの動詞の後ろにつくかによって決まるのです!

動詞+doing

そこで、(やっと?)冒頭の”megafeps”の登場です。

読み方は「メガフェプス」です。

これは後ろに”doing”(動名詞)を従える動詞の頭文字をつなげたもので、受験などで覚えさせられるものです。

m = mind
e = enjoy
g = give up
a = avoid
f = finish
e = escape
p = practice (postponeやput offという人もいます)
s = stop

これらの動詞の目的語として動詞を持ってきたいときは”doing”(動名詞)にしてあげなければいけないのです!
(もちろん、これ以外にもまだまだあります)

英語学習者の宿命

もちろん後ろに”to do”(to不定詞)を取る動詞もたくさんあり、みなさんがご存知の”want to do”や”attempt to do”などがありますね。

なぜか”to do”(to不定詞)を取る動詞のゴロ合わせ的なものは私の知る限りありません……

ちなみに、動詞によっては動名詞もto不定詞も両方とる動詞があったりします。

たとえば、”try to do”と”try doing”や”remember to do”とremember doing”などですが、動名詞とto不定詞で意味が変わってしまうので要注意です!
(これらに関してはまた別の機会に)

このように、英語を学んでいく以上「どの動詞がどの形を従えるか?」という問題は、常に意識していかなくてはいけないものです。

今回ご紹介したゴロ合わせなどを上手に使て、楽をして覚えていくことも時には必要です!

スポンサーリンク

-動詞

執筆者:

関連記事

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

「自動詞」と「他動詞」のお話② – 「自動詞」と前置詞

  以前お話しした「自動詞」と「他動詞」の違いの続きです。 (「自動詞」と「他動詞」のお話①参照) 英語では、使う動詞が「自動詞」なのか「他動詞」なのか常に考えないといけないのですよね。 今 …

”I tried”の本当の意味は?

  今回は基本動詞である”try”の本当に使い方について考えましょう。 “try”は日本語でも「トライする」というふうに使うので、あまり深く考えずに使ってしまうケースが多いと思います。 まず …

「~ではないと思う」は “I think A isn’t~” か? “I don’t think A is~” か?

  突然ですが、以下を英訳してください。 「彼はいいギタリストではないと思う」 多くの日本人は以下のようにするのではないでしょうか? ex) I think he isn’t a …

“have”さえあれば何でも言える!

  自然な英語を目指すなら“have”をはじめ“give” “get” “make”などの超基 …