会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

接続詞 紛らわしい表現

「理由」を表す接続詞のbecause/as/sinceを使い分ける!

 

「~なので」や「なぜならば~」などの理由を言うときの接続詞は主に3つあります。

日本人が大好きなbecauseをはじめ、assinceなどですね。

どれも理由を表す節を従え、「~なので」とか「なせなら~」などのように同じ訳になります。

ではこの3つ、どれを使っても同じなのでしょうか?

 

becauseは新情報

実はbecause/as/sinceは明確な使い分けが必要なのです!

まずはbecauseから見てみましょう。

ex) I couldn’t attend the meeting because I was in the hospital.

日本語訳としては「会議に出席できなかったよ。なぜなら入院してたからさ。」という感じです。

becauseは上記のように、主節が来て、その後で”新情報”として理由を付け加える役割で使われるのが普通です。

「なぜか知っている?なぜなら……」という流れで、聞き手がまだ知らない新情報を付加します。

ですから上記英文のニュアンスとしては「会議に出れなかったよ。どうしてかというと入院してたんだよ」という感じです。

 

as/sinceは旧情報

それに対し、as/sinceは話し手と聞き手がすでに共有している事実を付け加えるときに使用されます。

つまり、becauseの”新情報”に対し、as/since”旧情報”です。

そこがbecauseの”新情報”とに決定的な違いです!

ex) I couldn’t attend the meeting as / since I was in the hospital.

この場合、「会議に出席できなかったんだ。だって知っての通り入院してたからさ」

というニュンスで、聞き手も入院してたことを知っていることが示唆されます。

 

主節の前?後ろ?

becauseは”新情報”、as/sinceは”旧情報”ということで、それを踏まえて文章におけるそれぞれの位置も変わってきます。

because節は基本的に主節の後ろに来るのが普通です。

なぜなら意味的に”新情報”なので、まず主節を言ってから「なぜなら」という流れで(新しい)理由を付加するのが自然だからです。

これに対しas/sinceは以下のように文頭に来るパターンも多いです。
(主節の後ろでも問題ありません)

ex) As I mentioned before, I was in the hospital.

意味として「前にも云った通り、入院してたよ」というふうに、「~なので」と”旧情報”を言ってから本題(主節)に入るという流れですね。

 

ということで、意味は同じなので混同して、もしくは自由に入れ替えて使っていた方もいるのではないでしょうか?

ちなみに、接続詞のasには今回の「なので」の他に、「~の時に」とか「~のように」「~につれて」などたくさんの意味があって紛らわしいですよね。

ですから、先ほどの説明の通りasとsinceは入れ替えが可能なので、個人的には今回のように理由を付加するときにはbecauseとsinceの使い分けで済ましています。

Hope this helps!

 

スポンサーリンク

-接続詞, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

「目的」のto do / for doingは使い分けが必要!

  今回は「目的」を表すto do / for doingについてです。 言うまでもなく、to doは「to不定詞」と呼ばれ、for doingの方は、forが前置詞なので後ろは「動名詞-i …

「~まで」”till”と”by”の使い分け

  今回は「~まで」という表現を勉強します。 まず以下2つの日本語の文章を見てください。 「ここで8時まで彼を待っているね」 「8時まで戻ってきます」 さぁ、両方とも「~まで」が使われていま …

「~ではないと思う」は “I think A isn’t~” か? “I don’t think A is~” か?

  突然ですが、以下を英訳してください。 「彼はいいギタリストではないと思う」 多くの日本人は以下のようにするのではないでしょうか? ex) I think he isn’t a …

“ago”と”before”の混同

  「~前」という表現で、“ago”と“before”の混同がよくあります。 ex) I went to the shop two days …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

  日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形と …