会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 時制 紛らわしい表現

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。

いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。

その現在完了……

「現在形との違いがはっきりしない……」
「過去形との区別が微妙……」

などなど、日本語にはない時制なのでどうしても不安が付きまといますね。

このブログでも現在完了のコアとなる考え方をお話しています↓↓

今回は「それでも分からん!」という方のために、「よしっ、使ってみよう!」と必ず思ってもらえる処方箋をお話します。

かなり乱暴で強引な(?)考え方も含みますのでご承知おきを(笑)

何気ない過去形は危険(?)

まず以下の英文をご覧ください。

△ ex) I had lunch.

この過去形の英文、文法的には間違いはありませんが、「お昼を食べました」というつもりでこの英文を言うと、普通のネイティブは「いつ?」と聞きたくなります。

ですからXではなく△にしました。

普通「お昼を食べました」というときは以下の文章が普通です。

〇 ex) I’ve had lunch.

はい、現在完了ですね。

このように、特に「いつ(何時に)」と言わないが「~した」というときには現在完了が使われます。

逆に言うと、過去形を使うときは、「昨日」とか「5分前」「去年」などの過去を明示する表現が必要になります。

つまり、過去を明示する表現がある時は過去形特に「いつ」と言わないときは現在完了で大抵はOKです。

ただし、繰り返しますが、これはかなりザックリとした使い分けになりますので、例外もあるということも申し添えておきます。

そして、話者と相手の間で「これは過去の話である」とお互い認識している場合は、過去を明示する表現が省かれる場合も多々あります。

以上を知っているだけで、今までよりもっと現在完了を使えるようになる予感がしませんか?

とにかく使ってみることです!

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 時制, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“would”と”used to”を的確に使い分ける!

今回はリクエストの多かった”would”と”used to”の比較をやってみたいと思います。 この2つを混同して、使い分けできていない人も多いようです。 …

「the 最上級+形容詞」で終わるのはNG! – 最上級の誤用

普段の会話において「~が最重要です」とか「~が一番面白い!」などという場面は多々あると思います。 それを英語でいう際に多くの日本人がやってしまいがちなのが「the most +形容詞」で文章を終えるパ …

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け part 1

英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているのが「”It”は …

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

「学生時代の友達」は ‘a friend of school’ でいいの? – 前置詞 ‘of’ の乱用に注意!

先日、プライベートで教えている高校生が次のような英文を作りました。 ×) I met a friend of high school yesterday. 「昨日高校の友達に会った」という意味の文章を …