会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 時制 紛らわしい表現

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

 

日本人にとって苦手な完了時制。

いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。

その現在完了……

「現在形との違いがはっきりしない……」
「過去形との区別が微妙……」

などなど、日本語にはない時制なのでどうしても不安が付きまといますね。

このブログでも現在完了のコアとなる考え方をお話しています↓↓

今回は「それでも分からん!」という方のために、「よしっ、使ってみよう!」と必ず思ってもらえる処方箋をお話します。

かなり乱暴で強引な(?)考え方も含みますのでご承知おきを(笑)

 

何気ない過去形は危険(?)

まず以下の英文をご覧ください。

△ ex) I had lunch.

この過去形の英文、文法的には間違いはありませんが、「お昼を食べました」というつもりでこの英文を言うと、普通のネイティブは「いつ?」と聞きたくなります。

ですからXではなく△にしました。

普通「お昼を食べました」というときは以下の文章が普通です。

〇 ex) I’ve had lunch.

はい、現在完了ですね。

このように、特に「いつ(何時に)」と言わないが「~した」というときには現在完了が使われます。

逆に言うと、過去形を使うときは「昨日」とか「5分前」「去年」などの過去を明示する表現が必要になります。

つまり、過去を明示する表現がある時は過去形特に「いつ」と言わないときは現在完了で大抵はOKです。

ただし、繰り返しますが、これはかなりザックリとした使い分けになりますので、例外もあるということも申し添えておきます。

しかし、これを知っているだけで、今までよりもっと現在完了を使えるようになる予感がしませんか?

とにかく使ってみることです!

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 時制, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“think that S+V”など「that節」を従える動詞は「伝える・認知する」系の動詞に限られる

  単語を覚える際には、その意味だけを覚えても実際の会話などでは使い物になりません。 特に動詞は、意味だけ覚えても、実際の文章でどんな使われ方をするのか?というところまで押さえないと、とんち …

could のお話 part 1 – 助動詞couldはcanの単なる過去形ではない!

   「~することができた」といいたい時、何でもかんでもcanの過去形であるcouldを使えばOK!でしょうか? 結論から言うと、違います! canが「~することができる」だから、「~することができた …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

  私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度 …

“There is/are~構文”は制限だらけ(?)

  私たちが学校などで英語を学び始めると、必ず習う構文の一つに“There is/are~”構文があります。 「どこそこに~がある・いる」という、泣く子も黙る(笑)黄 …

“so cold a night”って? – “so”と”such”の使い分け

いきなりですが「寒い夜」を英語で表現してください。 ex) A cold night これなんかが一番シンプルな言い方ではないでしょうか。 次に、この英文を「とても寒い夜」にしてください。 ex) A …