会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”can’t (couldn’t) have pp”は「~だったはずはない」

いままでいくつかの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきました。
(以下参照ください)
”should have p.p.”には2つの意味
”may (might) have p.p.”の使い方
”could have p.p.”の使い方

そのどれもが基本的に2つの意味を持っているのでしたね。

・過去の推量
・仮定法

今回の”can’t (couldn’t) have p.p.”も2つの意味を押さえましょう!

「~だったはずはない」

まずは過去の推量としての使い方です。

ex) He can’t have said such a thing.
「彼がそんなこと言ったはずがないよ」

助動詞”can”の基本的な意味は「~の可能性がある」です。

それが否定”can’t”になると「~の可能性はない」→「~のはずはない」になります。

例えば……

ex) It can’t be true.
「ウソだろ!」

「本当のはずはない」→「ウソだろ!」となります。

ということは「本当だったはずはない」という過去にしたい時は”can’t”を”couldn’t”にして”It couldn’t be true.”にすればいいんだ!……というわけにはいきません。

「~だったはずはない」という過去の強い推量はあくまでも”can’t (couldn’t) have p.p.”というふうに完了形にしなくてはいけません。

もう一つ例文を;

ex) Tom couldn’t have done the burglary because he wasn’t here in Japan.
「トムが盗みに入ったはずはないよ。だってその当時彼は日本にいなかったんだから」

主観と客観で使い分け

ところで、知り合いのネイティブ(イギリス人)は”can’t have p.p.””couldn’t have p.p.”では、「主観」「客観」で使い分けると言います。

前出の2つの例文を使って説明します。

ex) He can’t have said such a thing.

“can’t”を使った方が話し手の「主観」が入っており、「彼がそんなこと言ったはずないでしょ?」という個人の意見や思いが反映されると言います。

逆に”couldn’t”を使った方はあくまでも「客観」で、そう考えるのに十分な証拠や材料があるケースで使うらしいのです。

ex) Tom couldn’t have done the burglary because he wasn’t here in Japan.

「彼が日本にいなかった」という客観的事実があるから”couldn’t”を使うということです。

いずれにしても、どちらを使っても「~だったはずはない」という意味は同じです。

ちなみに、この表現の反対は以前ご紹介した”must have p.p.”「~だったにちがいない」ですね。
「”must have p.p.”は過去における断定」参照)

仮定法でも頻出です

もう一つの使い方は仮定法です。

これもよく使うのでぜひ押さえたい使い方です。

ex)I couldn’t have done it without you.
「あなたがいなかったらそれをすることは出来なかったでしょう」

まさに“仮定法過去完了”の帰結節のパターンと一致しますよね。
「過去における仮定・後悔は仮定法過去完了!」参照)

特に”If”がなくても、この文章を見たらすぐに仮定法を感じ取らなくてはいけません!
「実際の会話では“If節”なんて言わない(?)- 仮定法」参照)

この文章でのポイントは”without you”の部分です。

ここに”If you hadn’t helped me”などが込められているのですね。

つまり「あなたが助けてくれなければ」→「あなたがいなかったら」という具合です。

上記の例文は、その1文で決まり文句として覚えた方がいいと思いますよ!

もっと”can / could”を!という方は…

助動詞をさらに掘り下げて極めたい!という方のためにおすすめの2冊をご紹介します!

今回採り上げたcan / couldを始め、will/would/must/may/might/shouldなどを「法助動詞」と呼びます。

「法助動詞」は気持ちの微妙な表現を助けてくれる強い味方。

「法助動詞」を極めれば、皆さんの英語は予想をはるかに超えるレベルになることは間違えありません。

もっと「法助動詞」を!という方は「法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー」がお薦めです。目から鱗をお約束します!

もう1冊は「ネイティブが教える ほんとうの英語の助動詞の使い方」です。

こちらも自信を持っておすすめする1冊。

豊富な例文を使って、それぞれの助動詞が持つ様々な「顔」をネイティブ視点で解説。

それぞれの助動詞が持つ多くの使い方…その都度、それぞれの用法を意識して…なんてことはなく、実はネイティブもただ丸暗記して使っているだけなんです、とネイティブの著者。

そんな事実を知ると、少し肩の荷が下りませんか?(笑)

本書にある各助動詞の使われ方さえ押さえれば、”助動詞マスター”間違いなしです!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

助動詞 ‘will’ が秘めたパワー – 「~でしょう」「~だろう」ではありません!

突然ですが、以下の英文を訳してください。 ex) I’ll be 17 next week. 日本の義務教育で教えられる英語に忠実な人は次のように訳すかもしれません… 「私は来週17歳にな …

提案・アドバイスは”might want to do”ですべて解決!

  「~しなさい!」 「~するべきだよ」 「~したほうがいいよ」 etc…. 提案やアドバイスにもさまざまなニュアンス・強さがありますよね。 以前、提案やアドバイスをする際に日本 …

“should / could”…推量の助動詞の使い方

「助動詞+be」は推量を表すとても便利な表現です。 そのなかでも、日本人が一番よく使うのがおなじみ“may be”ですね(笑) もちろん意味は「たぶん」ですが、実際のネイティブの感覚では「たぶん」は「 …

”could have pp”の使い方

これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に2つの意味を持 …