会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

接続詞 紛らわしい表現

接続詞”as”の本当の使い方・意味はたった一つ「=」だけ!

私たちは、この”as”の接続詞にはいくつかの意味がある、と習います。

主なものは……

・「~のとき」
・「~なので」
・「~につれて」
・「~のように」

あたりですね。

でも、これだけ意味があると、混乱しますよね?

実際、”as”を会話や英作文で自在に使っている日本人は何人いるでしょうか?

これだけ意味があると、なかなか使いこなせない……というのが現実だと思います。

コアイメージはただ一つ

そもそも、ネイティブは会話の際にこの4つを意識して使い分けているのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

ネイティブが”持っている”as”のイメージはただ一つ……

「=」

です!!

?????

なんだこれは?という声が聞こえてきます(笑)

これは、そのままズバリ「イコール」です。

接続詞としての”as”の役割は、文章と文章をつなぐことですよね?

つまり、2つの文章が「=」で結ばれるというイメージです。

実際の文章で見てみましょう。

ex) He slipped as he was getting off the bus.

意味は「バスを降りているときに彼は滑って転んだ」です。

学校で習う場合は、「このときの”as”は“~の時に”です」とだけ覚えます。

その本当にニュアンスを教えてくれません。

この文章から感じ取れるのは、「バスを降りている」という行為と「滑って転んだ」という行為がまさに「=」、つまり“同時に”起こったということです。

“as”を使っているのはそのニュアンスを出したいから。

もし、”as”が単に「~の時に」という意味なら、同じ意味を表す”when”に置き換えてもいいはず。

しかし、日本語にすると2つとも「~の時に」という意味ですが、”as”のほうには「~と同時に」というニュアンスがあります。

この文章を”when”にしてしまうと、「バスを降りた」瞬間に「滑って転んだ」という“同時性”が出ません。

その“同時性”、つまり「=」のニュアンスを出したいときは”as”がピッタリなんです!

これが接続詞”as”の核心です。

他も同じロジック

これをイメージしていれば、他の3つの用法も簡単に理解できます。

・「~なので」

ex)  As my car is broken, I can’t go shopping.
「車が故障しているので、買い物に行けません」

これも「車が壊れている」ということと「買い物に行けない」ということを「=」で結んでいるんですね。

・「~につれて」

ex) As time goes by, he became more selfish.
「時がたつにつれて、彼はより利己的になっていった」

こちらも「時がたつ」のと、「彼が利己的になっていく」のが同時進行で起こっているといニュアンスですね。

・「~のように」

ex) Do as I say!
「言うとおりにしなさい!」

これも「あなたがすること」と「私が言うこと」が「=」なんですよね。

いかがでしたか?

ネイティブが持っている”as”の「=」(同時性)という気持ちが分かりましたか?

もっと構文力を高めたい方は…

構文とは英語の「型」。

知っている「型」、つまり構文の数が多いほど、英文の理解が早く、そして確実になります。

「もっと構文力を!」という方には「リンケージ英語構文100」を自信を持ってお勧めいたします!

必要にして充分な英語の「型」が効率的に学べる好著です。

短文の暗唱用にも最適。

おススメです!

スポンサーリンク

-接続詞, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け part 1

英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているのが「”It”は …

“to do” と “doing”の考え方 – 不定詞と動名詞のお話 Part 1

「この動詞の後ろは”to do”?それとも”doing”?」 これ、英語学習者が悩まされる問題の一つですよね。 楽な覚え方はないのでしょうか? 例えば、 …

「~まで」”till”と”by”の使い分け

  今回は「~まで」という表現を勉強します。 まず以下2つの日本語の文章を見てください。 「ここで8時まで彼を待っているね」 「8時まで戻ってきます」 さぁ、両方とも「~まで」が使われていま …

「目的」のto do / for doingは使い分けが必要!

  今回は「目的」を表すto do / for doingについてです。 言うまでもなく、to doは「to不定詞」と呼ばれ、for doingの方は、forが前置詞なので後ろは「動名詞-i …

”If~”は使える便利な表現!

  今回は接続詞の”If”の便利な使い方をご紹介します。 多くの方が「”If”は仮定法のしるし」と早合点していますが、決してそんなことはありません。 そもそも”If”は「もし~なら」という接 …