会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

勉強方法

英語が使えない最大の理由 – 上達のカギは1つだけ「音読」

 

英語の勉強方法はたくさんあり過ぎて、どれが一番いいのか悩んでしまう……

町の本屋さんに行っても、さまざまな本が並んでいて、迷ってしまう……

そんな方々は多いと思います。

なぜこんなにも簡単な仕組みに気付かないのか?

でも、英語に限らず語学の上達は、たった1つのことを意識して実践していけば可能になります。

思い切って言ってしまうと、確実に本物の英語力をつけたいのなら、その方法しかないと断言します。

それは……

「とにかくたくさんの文章を体に入れる」

これしかありません。

私たちが何の不自由もなく日本語を読めて、聞けて、話せて、書けるのは、体の中に数えきれない日本語の単語や言い回し、表現、文章が入っているからにほかなりません。

それらを瞬時に組み合わせて話したり、書いたりしているのです。

例えば、聞く場合を考えてみると、まず音(文章)が聞こえてきて、それとあなた自身に蓄積されている日本語のデータベースとを照合。

つまり、あなた自身が持っている日本語の情報とマッチングさせて、合致すれば理解する、というプロセスを瞬時に行っているのです。

逆に言うと、マッチングさせるものが体の中に入っていなければ、理解に至ることはありえません。

日本語だって、初めて聞いた単語や言い回し、つまりあなたの中にないものを耳にしても、理解できませんよね?

すごく単純なお話ですよね。

ですから、語学の勉強は、とにかくたくさんの表現や文章を体の中に入れるのです。

そこからが本当のスタートです。

一番効率がいいやり方は?

さて、実際の方法ですが、それこそ巷にはたくさんのメソッドを謳ったものがありますが、私のお勧めは「音読」です。

「音読」は口も耳も目も全てを同時に使うやり方なので、一番効率がいいと思います。

とくに、日本人に圧倒的に不足しているのは口を動かくことです。

頭では英作文出来ても、いざしゃべろうとすると口が動かない……

それは普段から口を鍛えていない証拠です。

そして、ただ漫然と音読すればいいというわけではありません。

最終的な目的は、体の中に英語を入れることですから、たった1つの素材でいいので何度も何度も繰り返し音読してください。

最後には、ほとんど覚えてしまって暗唱できるほどになれば、しめたものです。

そこまで行けば、ある程度は体に入ったと考えていいと思います。

町の英会話スクールに行っても話せるようにならない……

そんなの当たり前です。

体の中に何も入っていない人が、つまり「出すものがない」人が話せるはずなんてありませんよね。

簡単な話ですよね……(笑)

スポンサーリンク

-勉強方法

執筆者:

関連記事

接頭辞・接尾辞で単語を倍増!

  英語を学ぶ私たちを悩ます問題の一つに、単語をいかに増やすか?というものがあります。 もちろん単語は多いほどいいわけですが、そうは分かっていてもやはり覚えるという作業はしんどいものです。 …

英語で文法書を! – 必携文法書2冊

  今回は英語学習には欠かせない文法書のお話です。 文法書といっても、日本語によるものではありません。 英語で書かれた文法書です! 英語の文法書はいいことずくめ! 「え?文法書を英語で読むの …

英単語はコロケーションで覚えましょう!

  今回は言葉を覚えるときにとても大切な「コロケーション」のお話です。 まず、「大家族」を英語ではどう表現するでしょう? あっ、そんなの簡単カンタン、”big family&#8 …

“friend”の本当の意味(?) – 英英辞典のススメ

  英語の勉強には辞書が欠かせませんよね。 本タイプの辞書のみならず、今は電子辞書やネットでも簡単に調べられます。 辞書の形態はお好みにより使い分ければいいと思いますが、英語を勉強している身 …

「音読」は間違いない! – ある青年のエピソード

  英語の習得にはたくさんの方法が存在します。 本屋さんに行くと、数多の関連本があって迷ってしまいますよね。 私自身も若かりし頃は、あらゆる方法に手を出した経験があります。 「これでもない、 …