会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

便利な表現 助動詞

意外な”have to”の使い方

 

今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。

「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」

という声がたくさん聞こえてきますね(笑)

まあまあ、落ち着いてください。

もちろん、”have to~”は「~しなければならない」という使い方が一番多いですね。

でも、それ以外に面白い使われ方をするんです。

意外な「いらだち」を表す

以下の英文を見てください。

ex) Mike always has to call me when I’m taking a bath.

さあ、上の文章はどういう意味になるでしょうか?

「マイクは私がお風呂に入っているときには常に電話をしてこなければいけない」??

なんだか、丸っきり意味が通じませんね……(笑)

正しい意味は……

「マイクは私がお風呂に入っているときに限っていつも電話してくるんだよね……」

という意味です。

つまり、マイクの行為にいら立っているのですね。

そのような場合に使われる”have to”は、例文のように”always”を伴うことが多いです。

「いつも~しやがってさ」というニュアンスですね(笑)

日常的に使う

他にもいくつか例を見てみましょう。

ex) Why do you always have to call me when I’m busy?
「私が忙しい時に限って、どうして君は電話してくるの?」

ネイティブは会話でこのような”have to”の使い方を結構しますが、残念ながら私たち日本人にとっては使いづらい表現ですよね。

実際に、知り合いのネイティブに聞いたところ、この表現はいたって自然で、普段の会話でも使うそうです。

しかし、巷の文法書などでは、この”have to”の用法を紹介しているものは少ないようです。

ちなみに、文法書の定番である旺文社の「ロイヤル英文法」には例文がありましたのでご紹介します。

ex) Just when I am busiest, Jack has to come and waste my time.
「私の一番忙しい時に限って、ジャックがやってきて時間をつぶすとは」

”いまいましいという気持ちや、非難の意を表す口語的な言い方”

とあります。

この”have to”のポイントは“いらだち”

このように、日頃何も考えずにふつうに使っている表現が、実際では意外な使われ方をしていることって結構あります。

今回の”have to”、「あいつはいつも~なんだから」なんて発言するシチュエーションがあれば積極的に使ってみてください!

スポンサーリンク

-便利な表現, 助動詞

執筆者:

関連記事

”It…for~to構文“の作り方

  英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”には、明確な使い分けが必要な場合があると以前お話しました。 (以下参照ください)  会話に使える!英文法&nbsp …

”This book sells well.”は「この本は上手く売る??」 – 能動受動態

  さて、タイトルの文章、みなさんは訳せますか? ex) This book sells well. “sell”は他動詞の「売る」だから……「この本は上手に売る」……???? まるで“本が …

動詞の名詞化 – 英語らしさ

  唐突ですが、次の2つの日本語の文章を見てください。 「彼はそのニュースに驚いた」 「彼はそのニュースに驚きの声を上げた」 どちらも意味するところは同じですよね。 どちらを使うかは、人や場 …

“should / could”…推量の助動詞の使い方

  「助動詞+be」は推量を表すとても便利な表現です。 そのなかでも、日本人が一番よく使うのがおなじみ“may be”ですね(笑) もちろん意味は「たぶん」ですが、実際のネイティブの感覚では …

”can’t (couldn’t) have pp”は「~だったはずはない」

  いままでいくつかの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきました。 (以下参照ください) ”should have p.p.”には2つの意味 ”may (might) h …