会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

 

今回はとても便利な表現”give up”についてです。

“give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。

「あきらめる」
「降参する」
「ギヴする」(笑)

という意味合いで「ギヴアップ」をそのまま使います。

しかし、気軽に使える便利な表現だけに、いざ英語で使おうとしたときに間違って使っているケースも散見されます。

今回はそんな”give up”を見直してみましょう!

何を「あきらめる」のか?

まず、以下の文章を見てください。

(×) I gave up buying the roadster because it was very expensive.

「とても高価なので、私はそのオープンカーの購入をあきらめました」という意味合いで英文を作ったのでしょう。
(ちなみに、”roadster”は「オープンカー」という意味です。実際に「ロードスター」という名前の車もありますが、英語ではあくまでも「オープンカー」です!)

さて、上の文章、日本語訳だけを見ると、何の問題もないように感じますが、実は英語としてはちょっと不自然なのです。

……なぜでしょう?

それは、この文章においての「あきらめる」で”give up”を使うのはおかしいからです。

つまり”give up”は「何をあきらめるか?」を考えて使う必要があるのです。

“give up”の本当の意味

“give up”の主な用法は以下2つの場合です。

1)継続してきた習慣や行為を止める
ex) After I gave up smoking, I started to gain weight.
「タバコをやめたら、体重が増えだした」

ex) Tom has still not given up the search.
「トムはまだ研究をあきらめてはいない」

2)すでに持っているものや地位を捨てる
 ex) He gave up his job and started running his own business.
「彼は仕事を辞め、自分のビジネスを始めた」

ex) I don’t want to disappoint my wife by giving up this position.
「私はこの地位を捨てることで妻をがっかりさせたくはない」

以上のように、

1)何かをずっとやってきて、それを辞める
2)すでに持っているものを手放す

というような場合にしか”give up”は使いません。

ですから、最初の「オープンカーの購入をあきらめた」というケースにおいて”give up”は不自然なのです。

つまり「何かを買うこと」は”give up”の対象にはならないということですね。

以上のように、日本語では自然でも、それをそのまま英語に置き換えてしまうとすごく不自然というケースは非常にたくさんあります。

もちろん、その逆のケースもしかりですよね。

そのような間違いは、特に今回の”give up”のような基本的な単語や熟語の使い方で多く見られます。

基本の見直しはとても大切ですね!

スポンサーリンク

-日本人の間違い

執筆者:

関連記事

”Do you know SMAP?”と言われたら?

  突然ですが、もしあなたが以下の疑問文を聞かれたらどう答えますか? ex) Do you know SMAP? なんの躊躇もなく”Yes, I do.”と答える方が多いと思います。 しかし …

“My boss insists that you be here…”って正しい? – 仮定法現在

  いきなりタイトルに変な(?)英文があって驚いた方も多いと思います。 全文見てみましょう。 ex) My boss insists that you be here early tomor …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け①

  英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているの …

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

  受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏は …