会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

便利な表現 日本人の間違い 雑学

‘very’ には形容詞の働きも! – もっと ‘very’ を有効活用しましょう

ex) Thank you very much!

いきなりの例文です(笑)

この英文、恐らく英語を話せない日本人でもほぼ間違いなく知っているものでしょう。

ex) I’m very hungry.

これも相当数の方が理解できると思います。

さて、これら2つの文章に共通して出てくる単語…

はい、副詞の ‘very’ ですね。

「とっても」とか「本当に」といった感じで形容詞と副詞を強める働きがあります。

副詞以外の働きも重要

皆さんは恐らくこの ‘very’ に関して、あまり深く考えずに使っていたと思います。

もっぱら「とっても」「本当に」という強調の言葉としての認識しかなく、実際にそれだけのために使っていたのではないでしょうか?

しかし!

そんな ‘very’ 、実際の英語では全く別の使われ方もあるのです。

実際に例文を見てみましょう。

ex) This is the very book I have long wanted.

ここでの ‘very’ ですが、名詞 ‘book’ の前に鎮座していますよね?

名詞の前に来るのは…そう形容詞です。

そうなんです!

‘very’ には形容詞の働きもあるのです!!

意味は「正に」「正しく」という感じで、上の文は「これは正に私が長いこと探していた本だ!」という意味になります。

「これこれ!」というニュアンスですね。

他にもいくつか例文を。

ex) This is the very house where we stayed.
「これは正しく私たちが住んでいた家です」

ex) Let’s start at the very beginning.
「一番最初から始めましょう」

ex) You might be the very person we are looking for for this job.
「あなたはこの求人に正に適した人かもしれません」

ex) How did you know this was the very thing I wanted?
「これが正に私が欲しがっていたものってどうやって分かったの?」

いかがですか?

「正に~」と言うケースは日常的に多々あると思います。

その時はこの ‘very’ の形容詞用法を思い出してください!

スポンサーリンク

-便利な表現, 日本人の間違い, 雑学

執筆者:

関連記事

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

  今回はとても便利な表現”give up”についてです。 “give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。 「あきらめる」 「降参する」 「ギヴする」(笑) という意味合いで「 …

‘at first’ は「まず最初に」ではありません!

順を追って何かを説明するときなどに「まず最初に…」という表現をすることがよくあると思います。 英語でそれをやろうとするときに ‘at first’ を使ってしまう方いませんか? …

意外な”have to”の使い方

  今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。 「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」 という声がたくさん聞こえてきますね(笑) まあまあ、落ち着い …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形との区別が微妙… …

「遠い」は”far”でもいいですが……

  「遠い」という表現は、日常的によく使うものでしょう。 「私の家はバス停から遠くて」とか「ここから駅は遠いですか?」などなど。 そのときに、日本人がまず思いつく単語が”far”ではないでし …