会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”must have pp”は過去における断定

助動詞”must”には、みなさんよくご存知の「~しなければならない」という意味に加えて、「~に違いない」という強い推量も意味します。

そのうち「~しなければならない」については以前紹介していますよね。
「“must”と”have to”は使い分けて!」参照)

今回は強い推量の「~に違いない」の過去バージョンを見ていきます。

”have to”との関わりがややこしい

話を分かりやすくするために以下のようにまとめました;

「~しなければいけない」→ must /have to
「~しなければいけなかった」→ had to

「~に違いない」→ must / have to
「~だったに違いない」→ must have p.p.

“must”というと、どうしても”have to”との関わりが意識されますが、上の分類からも分かるように、過去において「~だったに違いない」という意味では”must have p.p.”が使われます。

過去において「~しなければいけなかった」は”had to”しかないから、「~だったに違いない」も”had to”か?というわけにはいかないのですね。

いくつか例文で確認しましょう。

ex) Steve must have left. His shoes are not here.
「スティーブはもう帰ったはずだよ。彼の靴がここにないからね」

ex) He must have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たに違いない」

否定はcan’t have p.p.

では否定をしたい場合はどうすればいいでしょうか?

先ほどの例文を使うと以下のようになります。

ex) He mustn’t have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たはずがない」

もちろん、単純に”mustn’t have p.p.”としても構いませんが、過去において「~だったはずがない」と否定する場合は可能性を否定する”can’t”を使って以下のようにするのが普通です。

ex) He can’t have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たはずがない」

“can”は可能性を表して「あり得る」を意味します。

その可能性が否定になると「あり得ない」になり、その過去形である”can’t have p.p.”が「~だったはずがない」という意味になります。
(”couldn’t have p.p.”も同じ意味を持っています)

ということで……

「~だったに違いない」→ “must have p.p.”
「~だったはずがない」→ “can’t (couldn’t) have p.p.”

で覚えましょう!

もっと”must”を!という方は…

助動詞をさらに掘り下げて極めたい!という方のためにおすすめの2冊をご紹介します!

今回採り上げたmustを始め、will/would/can/could/may/might/shouldなどを「法助動詞」と呼びます。

「法助動詞」は気持ちの微妙な表現を助けてくれる強い味方。

「法助動詞」を極めれば、皆さんの英語は予想をはるかに超えるレベルになることは間違えありません。

もっと「法助動詞」を!という方は「法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー」がお薦めです。目から鱗をお約束します!

もう1冊は「ネイティブが教える ほんとうの英語の助動詞の使い方」です。

こちらも自信を持っておすすめする1冊。

豊富な例文を使って、それぞれの助動詞が持つ様々な「顔」をネイティブ視点で解説。

それぞれの助動詞が持つ多くの使い方…その都度、それぞれの用法を意識して…なんてことはなく、実はネイティブもただ丸暗記して使っているだけなんです、とネイティブの著者。

そんな事実を知ると、少し肩の荷が下りませんか?(笑)

本書にある各助動詞の使われ方さえ押さえれば、”助動詞マスター”間違いなしです!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

”I wouldn’t do ~”は「私ならdoしないよ」という便利な表現

“would”や”could”は日本人が今一つ使いこなせない助動詞です。 “would”は”will”の過去形、”could”は”can”の過去形には違いありません。 でも、「過去形」とは名ばかりで、 …

”could have pp”の使い方

これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に2つの意味を持 …

could のお話 part 1 – 助動詞couldはcanの単なる過去形ではない!

   「~することができた」といいたい時、何でもかんでもcanの過去形であるcouldを使えばOK!でしょうか? 結論から言うと、違います! canが「~することができる」だから、「~することができた …

”should have pp”には2つの意味

助動詞”should”に2つの意味がありますよね。 「~のはずだ」という推量「~すべきだ」という義務 これが”should have p.p.”になると、それぞれに過去の意味が生じます。 「してしまっ …