会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”must have pp”は過去における断定

 

助動詞”must”には、みなさんよくご存知の「~しなければならない」という意味に加えて、「~に違いない」という強い推量も意味します。

そのうち「~しなければならない」については以前紹介していますよね。
「“must”と”have to”は使い分けて!」参照)

今回は強い推量の「~に違いない」の過去バージョンを見ていきます。

”have to”との関わりがややこしい

話を分かりやすくするために以下のようにまとめました;

「~しなければいけない」→ must /have to
「~しなければいけなかった」→ had to

「~に違いない」→ must / have to
「~だったに違いない」→ must have p.p.

“must”というと、どうしても”have to”との関わりが意識されますが、上の分類からも分かるように、過去において「~だったに違いない」という意味では”must have p.p.”が使われます。

過去において「~しなければいけなかった」は”had to”しかないから、「~だったに違いない」も”had to”か?というわけにはいかないのですね。

いくつか例文で確認しましょう。

ex) Steve must have left. His shoes are not here.
「スティーブはもう帰ったはずだよ。彼の靴がここにないからね」

ex) He must have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たに違いない」

否定はcan’t have p.p.

では否定をしたい場合はどうすればいいでしょうか?

先ほどの例文を使うと以下のようになります。

ex) He mustn’t have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たはずがない」

もちろん、単純に”mustn’t have p.p.”としても構いませんが、過去において「~だったはずがない」と否定する場合は可能性を否定する”can’t”を使って以下のようにするのが普通です。

ex) He can’t have come here by taxi.
「彼はここにタクシーで来たはずがない」

“can”は可能性を表して「あり得る」を意味します。

その可能性が否定になると「あり得ない」になり、その過去形である”can’t have p.p.”が「~だったはずがない」という意味になります。
(”couldn’t have p.p.”も同じ意味を持っています)

ということで……

「~だったに違いない」→ “must have p.p.”
「~だったはずがない」→ “can’t (couldn’t) have p.p.”

で覚えましょう!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

”I wouldn’t do ~”は「私ならdoしないよ」という便利な表現

  “would”や”could”は日本人が今一つ使いこなせない助動詞です。 “would”は”will”の過去形、”could”は”can”の過去形には違いありません。 でも、「過去形」と …

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!

  今回紹介するのは、ネイティブが指摘する日本人の英語誤用No.1に君臨する助動詞”may”です。(ネイティブによっては、あまりに多くてイライラするとまで言う人もいます、笑) 結論から言うと …

“must”と”have to”は使い分けて!

  今回は助動詞”must”です。 “must”は私たちにも「~しなければならない」という意味でおなじみですよね。 そして、「~しなければならない」という意味でもう一つ忘れてはならないのが、 …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

  仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、 …