会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

紛らわしい表現

「数詞+名詞」が形容詞になるとき……

 

今回は日本人が間違いやすい「複数形」のお話です。

まず、次の文章をご覧ください。

ex) a two-weeks vacation

「2週間のお休み」という意味にしたいのですが、どこかに決定的な間違いがあります……

さて、どこでしょう?

「”2週間”だから”a”がおかしい!」

とか

「”two”と”weeks”の間のハイフンがいらない!」

なんて思っていませんか?(笑)

形容詞に複数形なんてありませんよね?

正しくは……

ex) a two-week vacation

これが正解です。

???どこが違うの?って?(笑)

よーく見てください。

“two-weeks”ではなく”two-week”です!!

つまり”week”は単数形でなくてはいけないのです!

「あれ?“2週間”だから複数形じゃないの?」

もちろん、単に“2週間”というのであれば”two weeks”です。

例えば、

ex) I stayed there for two weeks.
「私は2週間そこに滞在しました」

この場合は、「2つの1週間」という考え方で、”two weeks”というふうに複数形でなくてはいけません。

しかし!

もう一度今回の例文を見てください。

ex) a two-week vacation

“two-week”が名詞の”vacation”の前にあります。

ふつう「名詞の前」にくるのは……?

形容詞ですよね!

そうなんです!

今回の”two-week”は形容詞の役目をしているんです。

そして、そのような場合、次のようなルールがあるのです。

「数詞+名詞」(ここではtwo + week)が形容詞として他の名詞を修飾するときには、数詞に付く名詞は単数になる

つまり、“two-week”が形容詞として名詞”vacation”を修飾しています。

「数詞+名詞」が形容詞としての役目を持つときには「複数形」という考え方はしません、ということなんですね。

TOEICなどでも狙われる

他にも例を見てみましょう。

ex) my five-year-old son
ex) a ten-dollar bill
ex) a three-year plan
ex) six two-pound tickets
ex) a ten-minute walk

いかがですか?

どれも「数詞+名詞」がその後ろの名詞を修飾する、つまり形容詞の役割ですよね。

そのときには「数詞+名詞」の「名詞」は単数形のままということです。

これはTOEICなどでも狙われるので是非覚えておいてくださいね!

ちなみに、例文の不定冠詞”a”は間違いではありません。

もともと「お休み」は”a vacation”とひとかたまりとして考えます。

それが「2週間のお休み」になっても、「お休み」をひとかたまりで考えることには変わりありませんよね。

あと、「数詞+名詞」の間のハイフンも忘れずに!

スポンサーリンク

-紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“as far as”と”as long as”

  英語には、ほぼ同じ意味だけど、ニュアンスが違ったり、使い方が違うという表現がたくさんあります。 その中の1つに“as far as”と“as long …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

  日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形と …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、if節の中だけ …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?①

  英語をマスターするうえで、時制はとても大切な文法項目です。 実際に、以前ご紹介した文法書の世界的名著”Grammar in use”も、時制のセクションから始まっており、かなりのページを …