会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

雑学

英文法を知らないとジョークは楽しめません! – 秀逸ジョークに見る英文法

ジョークは英文法事項の宝庫。

逆に言うと、英文法を知らないとジョークを堪能できないということですね。

非常にもったいない…

ということで、英文法が学べる著者厳選のジョークをいくつかご紹介します。

待たされ続けて…

レストランでお客さんが苛立っています。

Customer : Excuse me, but how long have you been working here?
Waiter : About a week, sir.
Customer : In that case, it couldn’t have been you that took my order.

このジョークにおける文法的論点は2点。

”現在完了進行形”と”couldn’t have p.p.”です。

まずは”現在完了進行形”から。

how long have you been working here?

何かがずっと続いている状態、つまり「継続」を表す時制が”現在完了進行形”です。

「過去のある一時点から何かが始まって、それが今現在も続いている」

そんなときネイティブは”現在完了進行形”を使います。

”現在完了進行形”は↓↓で詳説しています。

このジョークでは「ここでどのくらいの期間働いていますか?」というケースで”現在完了進行形”を使っています。

このように「何かがどのくらい続いているか」を問う場面では”現在完了進行形”です!

  

次に” couldn’t have p.p. ”です。

”couldn’t have p.p.” は 「~だったはずはない」という過去の強い推量を表します。

it couldn’t have been you that took my order.

このジョークにおいては「私の注文を取ったのはあなたではなかったはずだ」という過去の推量を述べていますね。

”couldn’t have p.p.” は↓↓で完璧です!

【日本語訳】
お客:すみません、あなたはここで働いてどれくらいですか?
ウエイター:約1週間でございます。
お客:じゃあ、私の注文を取ったのはあなたではないね。

*あえてオチの解説などという野暮なことはしませんよ!(笑)

お寝坊さんのリンカーン(?)

リンカーンについての少年AとBの会話。

A : Abraham Lincoln had a very hard childhood, he had to walk seven miles to school every day.
B : Well, he should have got up earlier and caught the school bus like everyone else!

このジョークでの論点は ”万能動詞 have”と”should+have+p.p.”の2点です。

まずは ‘ had a very hard childhood ‘ の部分。

「とてもつらい幼少時代を過ごした」ですが、特別な単語を使わずシンプルに ‘have’ を使った表現です。

こういった ‘have’ の使い方、ネイティブ英語には必須、そして超便利です!

詳しくは↓↓でご堪能下さい。

  

2つ目の論点、 ”should+have+p.p.” です。

これは「(過去において)~すべきだった」という後悔を表す表現です。

he should have got up earlier and caught the school bus like everyone else

「彼は他のみんなと同じように、もっと早く起きてスクールバスに乗ればよかったのに」

という風に、実際には実現しなかったことに対する後悔を表す頻出表現です。

”should+have+p.p.” については↓↓をご覧ください。

【日本語訳】
A : アブラハム・リンカーンはとてもつらい幼少時代を過ごし、毎日学校までの7マイルの距離を歩かなくていけなかったんだって。
B : へぇー、 他のみんなと同じように、もっと早く起きてスクールバスに乗ればよかったのにね。

ナイスです(笑)

論理的過ぎて…

駅で遅れている電車を待っている乗客が駅員にいいました。

Passenger : What’s the use of having a train schedule if the trains are always late?
Station personnel : How would we know they were late, if we didn’t have a schedule?

んー、駅員のあまりに論理的過ぎる答えに脱帽してしまうジョークですね(笑)

ここでの文法的論点は ”仮定法過去” です。

駅員の ‘ How would we know they were late, if we didn’t have a schedule? ‘ の部分ですね。

「仮に時刻表がなければ、どうやって列車が遅れているってわかります?」

現実とは違うことを仮定するのが”仮定法過去”。

「現実には時刻表は存在しているが、もしなかったら…」という仮定の話です。

名前に”過去”とあるからって。決して「過去」の話をしているのではありませんよね。

あくまでも今現在のお話です。

過去形の動詞を使うから”仮定法過去”というネーミングなのです。

仮定法の理解があやふやな人の多くが、この悪しきネーミングの犠牲者であるという事実…。

”仮定法過去”は↓↓を是非ご覧ください。

【日本語訳】
お客:いつも電車は遅れるんだから、時刻表なんて意味ないだろ?
駅員: 仮に時刻表がなければ、どうやって列車が遅れているってわかります?

時刻表があるおかげで、列車が遅延しているか否かが分かるという、身の蓋もないような話(笑) 

ジョークには仮定法が非常に頻繁に登場します。

逆に言うと、仮定法を磨きたければジョークにたくさん触れることです!

  

いかがでしたか?

英文法が分からなければ決して理解できないこれらのジョーク。

楽しく英文法を学んでいきましょう!

  

スポンサーリンク

-雑学

執筆者:

関連記事

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

英語での分数の表し方はカンタン!

  数字を使った英語の表現ってなかなか覚えられないですよね。 中でも「分数」は普段使う頻度も高くないためか、苦手な人も多いと思います。 でも基本的な考え方が分かればカンタンです! 上は基数詞 …

‘I am a Japanese.’ とは言えません- 国籍を語る際の注意点!

「私は日本人です」 英語を話す機会がある人は、上のような発言をする機会も多いと思います。 さて、あなたはこれをどう英語で言いますか? 国籍によってバラバラ… いやいや、↓↓でいいでしょ! ×)I&#8 …

”herstory”という単語知ってますか? – PC運動

  みなさんは「PC運動」というものをご存知でしょうか? 「PC運動」とは”Political Correctness”の略で、80年代ごろから声高に言われ始めたフェミニズム運動から生まれた …

‘very’ には形容詞の働きも! – もっと ‘very’ を有効活用しましょう

ex) Thank you very much! いきなりの例文です(笑) この英文、恐らく英語を話せない日本人でもほぼ間違いなく知っているものでしょう。 ex) I’m very hun …