会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

よもやま日記 雑学

TOEIC900点レベルのウェブ翻訳ツールが登場!

 

みなさんは、ウェブ翻訳はお使いになりますか?

最近のウェブ翻訳は、一昔前のお粗末な(笑)翻訳とは違い、かなり精度が高く正確な翻訳文を提示してくれるようですね。

不自然な翻訳……

個人的にウェブ翻訳は全く使いません。

ウェブ翻訳が出始めのころは、自分の英文が正しいか否かの検証に、興味本位で使ってみたこともありました。

しかし、日→英、英→日ともに、文法的にメチャクチャで、文章として成り立たないケースがほとんどだったので、すぐに使わなくなりました。

笑ってしまうくらい不自然な翻訳なんですよね(笑)

同じ思いの方々も多いと思います。

結局、ある程度英語ができる人にとっては、まったく必要のないものなのかもしれませんね。

しかし、「英語が苦手」という方で、多少不自然な言い回しなどがあっても、全体的に理解できるレベルなら問題なし!という方にとっては、本当に心強いツールであることは間違いありません。

「顔を失わせる……」??

ちょっと試に、現状のウェブ翻訳の実力を見てみましょう。

たくさんあるウェブ翻訳の中で、どれが”使える”のか私は分かりませんので、今回は「Google翻訳」で試してみましょう。

ex) I didn’t mean to make him lose face in front of everybody.

これを「Google翻訳」すると……

「私は彼が誰の目の前で顔を失わせることを意味しませんでした」

んー……「顔を失わせる……」とは何とも奇妙な日本文ですね(笑)

正しい意味は「みんなの前で彼にメンツを失わせるつもりは私にはありませんでした」になります。

基本的でシンプルな文章は日→英、英→日ともにかなり正確に翻訳してくれるのですが、例文のように”lose one’s face”などの慣用句が入っていると、たちどころに不自然な翻訳になってしまいます。

その他、独立分詞構文や関係詞が入り組んだ文章などになると、もう分けのわからない翻訳が飛び出します(笑)。

英語ができる人材はもう用無し?

以上のように、「正確な翻訳が欲しい!」という要望には、残念ながらまだ完璧には応えてくれないウェブ翻訳……

そんなウェブ翻訳の世界にとんでもない強者(?)が現れます!

何でも「TOEIC900点程度のスコアを持つビジネスマンと同等以上の作文能力がある」というウェブ翻訳ツールが登場するというのです!

https://www.miraitranslate.com/index.php#txt-t

これは、機械翻訳事業を営む企業が開発したものらしく、本格的なサービスは11月からとのことで、現在は上記↑↑で「お試し翻訳」が無料で利用できます。

さて、その実力はいかに……?

ちなみに、この分野にも近い将来、当然AI(人工知能)が入り込んでくるのは明らかで、そうなれば「英語できます!」とか「TOEIC900です!」というのが全く売りにならない時代がやってくる可能性も否定できません……

スポンサーリンク

-よもやま日記, 雑学

執筆者:

関連記事

山手線の英語アナウンスの間違い

  私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度 …

すぐに使える表現集 – Part 1

  「すぐに使える表現集」ということで、日常においてよく使われ、覚えればすぐに使える表現を、筆者の独断と偏見で(?)徒然なるままに列挙します! 今回はその第一弾。 では、さっそく参りましょう …

実用英語と受験英語のギャップ

  「受験の英語なんて実際の会話に役には立たない……」 「学校英語と会話の英語は全く違うもの……」 みなさんもこんな意見何度か聞いたことがあるかもしれません。 (実際にご自身でもそう思ってい …

英単語のアクセントは大切です – 覚え方のコツを一挙紹介!

  今回は英単語のアクセントの位置についてのお話です。 無数にある英単語のアクセントを一つ一つ覚えるのはナンセンスです。 アクセントの位置にはある程度の法則のようなものがあります。 最低限困 …

なぜ”Robert”が「ボブ」になるの?

  今回は英語のニックネームの謎についてお話します。 さっそくですが、以下をご覧ください。 ドナルド ⇒ ドン マイケル ⇒ マイク このあたりの変遷は容易に想像がつくと思います。 ボブの原 …

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で