会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 紛らわしい表現

間違えやすい”each other” – 副詞ではなく代名詞です!

“each other”は、「お互いに」と言いたいときの日本人が大好きな表現。

しかし、その使い方を間違っている人がいかに多いことか!

今回はその”each other”の正しい使い方を見ていきましょう。

“each other” は代名詞です

何よりもまず、”each other”は代名詞だ!ということです。

「代名詞」とは、”it” とか “this” とか “that”とか…。

日本語で言うところの「こそあど言葉」(「これ」とか「それ」「あれ」など)と言えば分かりやすいですね。

その他、”I / my / me” 、 “you / your / you” 、 “he / his / him”、”she / her / her” 、”we / our / us”、”they / thier / them”なども代名詞です。

で、代名詞は文中では動詞か前置詞の直接目的語にしかなり得ないのです!

別の言い方をすると、「文中において、代名詞の前には他動詞か前置詞しかこない」ということ。

それを踏まえると、次の文章の間違いに気づきます。

× They communicated each other by e-mail.
(彼らはお互いメールで連絡を取り合った)

ここでの動詞 “communicate” は自動詞です。

自動詞は目的語を取りませんよね?

そして “each other” は代名詞なので、その前の動詞は他動詞でなければいけません。

  

次の2つの文は適格です。

ex) They love each other.
(彼らは愛し合っている)

動詞 “love” は他動詞なので、その後ろの “each other” は問題ありません。

ex) The kids looked at each other.
(子どもたちは互いに見合った)

自動詞 “look” の後ろに前置詞 “at” があり、その後ろが “each other” です。

  

以上から、冒頭の文章は…

ex) They communicated with each other by e-mail.

というように前置詞 “with” を入れてあげれば適格になります。

   

日本語で「お互いに」というのは、動詞を修飾する副詞的な表現なので、”each other” を副詞と勘違いして使ってしまうのも無理はないでしょう…。

でも、これからは大丈夫ですね!

ついでに…

“each other” は所有格になることもできます。

その際は “each other’s” になり、上記同様、目的語の位置での使用に限られます。

ex) They used to borrow each other’s clothes.
(彼らは互いの服の貸し借りをしたものだ)

   

以上 “each other” の使い方でした。

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

‘try doing’ と ‘try to do’は全く違います!

動詞の後ろにまた動詞を置きたい場合、そのまま「動詞+動詞」という形は基本的には出来ません。(口語で ‘Come see me.’ などはありますが、本来 ‘Come …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

「理由」を表す接続詞のbecause / as / sinceを使い分ける!

  「~なので」や「なぜならば~」などの理由を言うときの接続詞は主に3つあります。 日本人が大好きなbecauseをはじめ、asやsinceなどですね。 どれも理由を表す節を従え、「~なので …

これで間違えない! – 否定疑問文の答え方

  今回はみなさんが苦手としている(であろう、笑)否定疑問文に対する答え方にスポットを当ててみたいと思います。 英語のロジックになれる まず、否定疑問文の例文を見てみましょう。 ex) Di …

”put on it”は間違い – 句動詞の世界

  ネイティブの日常会話に頻繁に登場する”give out”や”get on”などの表現。 これらは句動詞と呼ばれるもので、”give”や”get”、”take”などの超基本動詞に”on”や …