会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞 日本人の間違い 未来表現

助動詞 ‘will’ が秘めたパワー – 「~でしょう」「~だろう」ではありません!

突然ですが、以下の英文を訳してください。

ex) I’ll be 17 next week.

日本の義務教育で教えられる英語に忠実な人は次のように訳すかもしれません…

「私は来週17歳になる”でしょう”」

「でしょう」?????

自分の年齢の話なのに「でしょう」って…

17歳にならない可能性もあるの?と聞いてしまいたくなるような弱々しさ(笑)

悪しき慣習

‘will’ を見たら「でしょう」「だろう」はもう止めましょう!

これ、日本人英語の本当に悪い癖です。

上の英文を言った人は、現時点で16歳なんです。

来週17歳になるんです。

確実に。

16の次は17なので(笑)

だから ‘will’ を使っているのです!

中学校や高校で「でしょう」とか「だろう」と和訳している先生がいたら要注意です!

‘will’ の核心は「100%必ずする!」

そもそも助動詞 ‘will’ には「でしょう」「だろう」のような推量の意味はありません。

‘will’ の役割は、「これはこれからの話だよ」と伝えることだけです。

つまり「現在から見た未来の話だよ」と伝えるときに使う助動詞です。

だからそれが起こるのは100%確実なのです!

「でしょう」「だろう」のような弱々しい推量とは無縁なのです。

英語で「遺言」のことを名詞で ‘will’ と言います。

「遺言」は亡き人の強い意志ですよね。

そこからも ‘will’ の強さが伺えます。

そもそも ‘will’ は現在形

そもそも ‘will’ は現在形です。

そして、英語には「未来時制」というものはありません。

「現在時制」と「過去時制」はありますよね。

それらを表すには動詞の形を変化させます。

speak → spoke
talk → talked

などですね。

しかし、未来のこと、つまりこれから先のことを言いたい時、それを可能にする動詞の変化というものはありません。

その時に「これはこれからのお話だよ」という意味で ‘will’ や ‘be going to’ を借りてくるのです。

‘will’ の過去形は’would’。

ということは、’will’ は現在形になります。

いくつかの例で確認しましょう。

ex) I’ll be busy on Friday afternoon.
「金曜の午後は忙しいな」

話者は金曜午後は色々とやることがあって間違いなく忙しい、ということが分かっているので ‘will’ です。

これから先の話なので、現在形でいうわけにもいかない…

そこで登場するのが「これから先」を表せる ‘will’ なのです。

ex) You’ll get tired of American food in no time.
「あなたはすぐにアメリカの食べ物に飽きるよ」

この人の中では、誰でもすぐにアメリカの食に飽きるという経験則があるようです。

「確実に飽きる!」と考えている。

だから ‘will’ なのです。

このように ‘will’ には強さがあるのです。

「でしょう」「だろう」は今日で終わりですね!

      

この ‘will’ と混同されがちなのが ‘be going to’ です。

これら2つには決定的な違いがあります!

詳しくは↓↓の記事で詳説していますので是非ご覧ください。

もっと”will”を!という方は…

助動詞をさらに掘り下げて極めたい!という方のためにおすすめの2冊をご紹介します!

今回採り上げたwillを始め、would/can/could/may/might/should/mustなどを「法助動詞」と呼びます。

「法助動詞」は気持ちの微妙な表現を助けてくれる強い味方。

「法助動詞」を極めれば、皆さんの英語は予想をはるかに超えるレベルになることは間違えありません。

もっと「法助動詞」を!という方は「法助動詞の底力―ネイティヴの微妙な気分を伝えるキープレイヤー」がお薦めです。目から鱗をお約束します!

もう1冊は「ネイティブが教える ほんとうの英語の助動詞の使い方」です。

こちらも自信を持っておすすめする1冊。

豊富な例文を使って、それぞれの助動詞が持つ様々な「顔」をネイティブ視点で解説。

それぞれの助動詞が持つ多くの使い方…その都度、それぞれの用法を意識して…なんてことはなく、実はネイティブもただ丸暗記して使っているだけなんです、とネイティブの著者。

そんな事実を知ると、少し肩の荷が下りませんか?(笑)

本書にある各助動詞の使われ方さえ押さえれば、”助動詞マスター”間違いなしです!

  

スポンサーリンク

-助動詞, 日本人の間違い, 未来表現

執筆者:

関連記事

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

必読!おすすめ英文法書籍を一挙ご紹介

このブログの各記事内でもいくつかのおすすめ英文法書をご紹介していますが、「まとめて教えて欲しい!」というリクエストをいくつか頂きましたので、ここで一気にまとめてご紹介します! あくまでも筆者の独断と偏 …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

”could have pp”の使い方

これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に2つの意味を持 …

‘I am a Japanese.’ とは言えません- 国籍を語る際の注意点!

「私は日本人です」 英語を話す機会がある人は、上のような発言をする機会も多いと思います。 さて、あなたはこれをどう英語で言いますか? 国籍によってバラバラ… いやいや、↓↓でいいでしょ! ×)I&#8 …