会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

時制

軽視できない現在形と進行形

 

以前、英語は時制にとても厳しいというお話をしました。
「英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致」参照)

英語には実に12種類の時制表現があり(!)、ネイティブはそれを使い分けているのですね。

その中でも、それらすべての原点となる「現在形」の本質を、「進行形」と対比しながら見てみましょう。

何気なく使ってしまう「現在形」の見方がきっと変わるはずですよ!

「進行形」のイメージは“一時的”

まず「そのお城は丘の上に建っている」の英訳として適切なのは次のうちどちらでしょう?

○ The castle stands on the hill.
× The castle is standing on the hill.

はい、もう答えが出ていますが(笑)、正しいのは1つ目の「現在形」の英文です。

2つ目の「現在進行形」の英文ですが、こちらは日本人がよく犯してしまいがちな間違いで、日本語の「建っている」の「いる」につられて、「現在進行形」にしてしまうのです。

もちろん「彼は今走っている」なら……

ex) He is running now.

のように「現在進行形」で全く問題ありません。

そもそも「進行形」という時制の本質は“一時的に進行中”です!

つまり「~している真っ最中」ということです。

英語で書かれた文法書にもズバリ”ongoing and temporary”(真っ最中で一時的)と書いてあります。

ですから” The castle is standing on the hill.”にしてしまうと、「そのお城は丘の上に“一時的に”建っている」という何とも奇妙な状況になってしまうのです。

もちろん、何かのイベントなどで一時的にハリボテ的なものを建てて、すぐに取り壊す……という特殊な状況の時は「進行形」でも構いませんが……(笑)。

とにかく「進行形」を使うときは、この“一時的”というコアイメージを大切にしてください。

昨日も、今日も、明日も……

これと違い「現在形」は“昨日も、今日も、明日もすっと”というのが本質です。

ですから、普通お城は“昨日も、今日も、明日もずっと“丘の上に建っているはずですから”The castle stands on the hill.”としなくてはいけません。

日本語のニュアンスにとらわれてはいけないということですね。

人に「お仕事はなんですか?」と聞くときの決まり文句も以下のようになりますよね。

ex) What do you do?
「お仕事は何をしているのですか?」

基本的に仕事は“昨日も、今日も、明日もずっと“同じことをするのが前提なので「現在形」で聞くのが普通です。

「進行形」の“一時的”、「現在形」の“昨日も、今日も、明日もずっと“……

それぞれのイメージを大切に!

スポンサーリンク

-時制

執筆者:

関連記事

「最近」の “nowadays” “these days” “recently” “lately”の使い分け

  多くの英語学習者を悩ます「最近」について、ズバリその使い分けをお伝えします。 これでどの「最近」を使えばいいのかもう悩むこともなくなります! 「最近」を表す言葉には”nowa …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

  日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形と …

英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致

  日本語と違い、英語は時制にとても厳密な言語です。 「現在」と名のつくものだけでも、現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形と4種類もあります! さらに「過去」そして「未来」と名のつ …

「進行形」と「過去形」で丁寧さを表現できます!

  よく「英語で丁寧さを出すにはどうすればいいか?」という疑問を聞きます。 たまに「外国人はフランクだから、丁寧表現なんてないよ!」などという暴論を聞いたりしますが……(笑) もちろん、英語 …

過去完了で過去において未実現だった期待を表す

  日本人にとって今一つ使いこなせない時制の一つが過去完了です。 そんな過去完了時制の、あまり知られていないけど便利な使い方をご紹介しましょう。 過去のまた過去 そもそも過去完了時制は、「過 …