会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

時制

過去完了で過去において未実現だった期待を表す

 

日本人にとって今一つ使いこなせない時制の一つが過去完了です。

そんな過去完了時制の、あまり知られていないけど便利な使い方をご紹介しましょう。

過去のまた過去

そもそも過去完了時制は、「過去のある時点での出来事よりさらに前に起きた出来事」を表す時に使うのが一番基本になるでしょう。

ex) When I arrived at the party, Paul had already left.
「私がパーティーに着いたときには、すでにポールは帰っていました」

「私がパーティーに着いた」時よりも、「ポールが帰った」時の方が時系列的に前ですよね。

つまり、その2つの出来事は同時に起こったわけではなく、時間的なズレがあります。

今回のような“過去”と“そのまた過去”のズレを表す時に過去完了が使われるのです。

その際、時系列的に古い方に過去完了を使ってあげるのです。
(今回の例では「ポールが帰った」方ですね)

これを“過去のまた過去”ということで「大過去」なんで呼んだりもしますね。

残念な気持ちを表せる

さて、過去完了にはあまり知られていない意外な使い方があります。

まずは次の英文をご覧ください。

ex) Tom had wanted to be a lawyer.

この意味分かりますか?

want / hope / expect / intend のような「期待」や「願望」を表す動詞が過去完了形で使われると、それが過去において実現されなかったことを意味するのです。

つまり、何かを欲したり、望んだり、期待したり、意図したりしたのですが、残念ながらそれが実現することはなかった……という意味になるのです。

ですからこの英文意味は「トムは弁護士になりたかったんだけどね……」になります。

つまりトムは弁護士にはなれなかったんですね。

これは以下の英文とは明らかに意味が違うことを確認しましょう。

ex) Tom wanted to be a lawyer.

これは単純過去の文章ですが、この文は単に「トムは弁護士になることを望んだ」という過去の事実しか意味していません。

つまり、トムが弁護士になったかならなかったのかは不明です。

しかし、先ほどのように過去完了で言った場合は、明らかにトムは弁護士にはなれなかった……という意味になるのです。

もう一つ例文を。

ex) We had expected the concert to be wonderful.
「私たちはコンサートが素晴らしいものだと期待していたのですが……」

実際は期待よりもよくなかった……という思いが伝わってきます。

いやー、時制ってホントに奥が深いですね(笑)

スポンサーリンク

-時制

執筆者:

関連記事

軽視できない現在形と進行形

  以前、英語は時制にとても厳しいというお話をしました。 (「英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致」参照) 英語には実に12種類の時制表現があり(!)、ネイティブはそれ …

「進行形」と「過去形」で丁寧さを表現できます!

  よく「英語で丁寧さを出すにはどうすればいいか?」という疑問を聞きます。 たまに「外国人はフランクだから、丁寧表現なんてないよ!」などという暴論を聞いたりしますが……(笑) もちろん、英語 …

英語は時制に厳しい! – 英語特有の時制の一致

  日本語と違い、英語は時制にとても厳密な言語です。 「現在」と名のつくものだけでも、現在形、現在進行形、現在完了形、現在完了進行形と4種類もあります! さらに「過去」そして「未来」と名のつ …

「最近」の “nowadays” “these days” “recently” “lately”の使い分け

  多くの英語学習者を悩ます「最近」について、ズバリその使い分けをお伝えします。 これでどの「最近」を使えばいいのかもう悩むこともなくなります! 「最近」を表す言葉には”nowa …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

  日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形と …