会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞 日本人の間違い

提案・アドバイスは”might want to do”ですべて解決!

 

「~しなさい!」
「~するべきだよ」
「~したほうがいいよ」 etc….

提案やアドバイスにもさまざまなニュアンス・強さがありますよね。

以前、提案やアドバイスをする際に日本人が好んで使う”should”と”had better”の使い方を紹介しました。

“should”は「~すべきなのに、なんでしないの?」という義務的なニュアンスを感じる場合もあります。

そして、”had better”は「~しなくてはいけない。しないと怖いことになるよ!」というかなり強いニュアンスが背後にあります。

つまり、提案やアドバイスをするときには、その内容に見合った表現を選ぶ必要があるのですね。

ネイティブ御用達の提案・アドバイス表現

そこで、今回ご紹介したいのが、ネイティには日常的に使っているのに、日本人にはあまり馴染みのない提案・アドバイス時の表現“may/might want to”です。

直訳で「~したいかもしれない」としないでくださいね(笑)

“may/might want to”は”should”や”had better”ほど強いニュアンスを出す必要のない提案やアドバイスの場合にピッタリの表現です。

ex) You might want to break up with him.
「彼と別れた方がいいんじゃない?」

“may/might want to”は、気軽に「~したほうがいいかもね」という感じでオールラウンドに使えます。

ちなみに、”may”よりも”might”のほうが圧倒的に多いようです。

口語では”might wanna do”になることも多々あります。

ex) You might wanna exercise to lose weight.
「減量のために運動したら?」

個人的な提案として、ビジネスの場面でも使えて、特に失礼に響くこともありませんので、覚えておいて損のない表現です!

スポンサーリンク

-助動詞, 日本人の間違い

執筆者:

関連記事

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

”must have pp”は過去における断定

助動詞”must”には、みなさんよくご存知の「~しなければならない」という意味に加えて、「~に違いない」という強い推量も意味します。 そのうち「~しなければならない」については以前紹介していますよね。 …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?②

日本人にとって苦手な完了時制。 いくつかある完了時制の中でも、実際の会話において使う頻度が一番高いのが現在完了です。 その現在完了…… 「現在形との違いがはっきりしない……」 「過去形との区別が微妙… …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、if節の中だけ …

could のお話 part 1 – 助動詞couldはcanの単なる過去形ではない!

   「~することができた」といいたい時、何でもかんでもcanの過去形であるcouldを使えばOK!でしょうか? 結論から言うと、違います! canが「~することができる」だから、「~することができた …