会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

雑学

英語での分数の表し方はカンタン!

 

数字を使った英語の表現ってなかなか覚えられないですよね。

中でも「分数」は普段使う頻度も高くないためか、苦手な人も多いと思います。

でも基本的な考え方が分かればカンタンです!

上は基数詞、下は序数詞

まず「分数」の基本は、分子は基数詞で表し、分母は序数詞で表します。

基数詞: one, two, three…
序数詞: first, second, third…

これが基本です。

実際に見てみましょう。

ex) 2/3 = two thirds
ex) 3/4 = three fourths

読み方は分子を先に読んでから分母を読みます。

分母に気をつけて

その際に気を付けなければいけないのが、分子が複数になると分母が複数形になることです。

この仕組みについて考えてみましょう。

まず、この分母の序数詞は一般的にいう順番を表す序数としてのものではありません。

例えば、”third”といっても、「3番目」という意味ではありません。

「分数」においての序数、ここでの”third”は「3つを等分したうちの1つ」という意味です。

つまり”third”自体が「3分の1」を意味するのです。

ですから、例えば”2/3”(3分の2)の場合は、「1/3 + 1/3」つまり“「3分の1」が2つ“という発想になり、分母の”third”が複数形の”thirds”になるのです。

逆に言うと、”1/3”の場合は「3等分したうちの1つ」なので”one third”もしくは”a third”になります。

“1/5”は”one fifth”もしくは”a fifth”という具合です。

ついでに、数が大きい分数は”over”を使って表します。
(イギリスでは”upon”もあります)

ex) 21/32 = twenty one over thirty two

この時の分母は基数でも構いません。

帯分数もカンタン

「帯分数」も基本は同じです。
(「帯分数」という言葉を使うのは小学校以来です……笑)

ex) 5と2/3 = five and two thirds
(ネットでの帯分数の表記が難しいのでこれでご勘弁を……)

1/2や1/4は?

“1/2”と”1/4”は、日本人にとって馴染みのある言葉を使います。

ex) 1/2 = a half / one half
ex) 1/4 = a quarter / one quarter

はい、「2分の1」は「ハーフ」、そして「4分の1」は「クオーター」ですね。

いかがですか?

コツさえつかめば案外カンタンですよね。

スポンサーリンク

-雑学

執筆者:

関連記事

必読!おすすめ英文法書籍を一挙ご紹介

このブログの各記事内でもいくつかのおすすめ英文法書をご紹介していますが、「まとめて教えて欲しい!」というリクエストをいくつか頂きましたので、ここで一気にまとめてご紹介します! あくまでも筆者の独断と偏 …

‘R’ の発音には簡単なコツが – 発音向上委員会!

このブログの主旨は文法ですが、以前何となく投稿した発音(アクセント)についての記事の閲覧数が予想以上の多く、もう一記事書くことにしました。 発音については、まだまだお伝えしたいことが多々あるんです(笑 …

すぐに使える表現集 – Part 1

  「すぐに使える表現集」ということで、日常においてよく使われ、覚えればすぐに使える表現を、筆者の独断と偏見で(?)徒然なるままに列挙します! 今回はその第一弾。 では、さっそく参りましょう …

数字だって複数形になりますよ!

  英語の基本的なルールとして、「複数個の名詞は複数形にしなくてはいけない」というものがあります。 「彼は高級車を3台持っています」であれば、”He has three fancy cars …

‘very’ には形容詞の働きも! – もっと ‘very’ を有効活用しましょう

ex) Thank you very much! いきなりの例文です(笑) この英文、恐らく英語を話せない日本人でもほぼ間違いなく知っているものでしょう。 ex) I’m very hun …