会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”I wouldn’t do ~”は「私ならdoしないよ」という便利な表現

 

“would””could”は日本人が今一つ使いこなせない助動詞です。

“would”は”will”の過去形、”could”は”can”の過去形には違いありません。

でも、「過去形」とは名ばかりで、時制の一致などを除き、どちらもそれ単独で過去の意味を持つことはまれです。

“would”や”could”を見たら仮定法を疑え!

まず以下の英文はどういう意味になるでしょう?

ex) I wouldn’t buy such a fancy car.

「“will”の過去の”would”だから……」などと考えていてはダメです。

形こそ”will”の過去形ですが、意味は現在のことを言っています。

「”would”を使って現在の意味をいう……」

何か思い当りませんか?……

そうです、仮定法過去です!!

仮定法過去は、現在とは反対の仮定や願望を述べる表現方法でしたよね。
(以下参照ください)

その仮定法過去、以下が基本パターンです。

If + 主語 + 動詞の過去形~, 主語 + 助動詞の過去形 + 動詞~.

実際の英文で見てみましょう。

ex) If I were you, I wouldn’t buy such a fancy car.
「僕が君なら、そんな高級な車は買わないな」

文法書で見るような仮定法の典型的な文章ですね(笑)

If節なんて面倒くさい

ところが、実際の会話ではわざわざIf節を言うことはあまりありません

帰結節(If節ではないほう)だけで、それが仮定法の文章だということが分かるのです。

つまり”would”があるから仮定法過去の文章だと分かるのです。

ですから、”would”を見たらまずは仮定法を疑った方がいいでしょう。

ということで、冒頭の文章をもう一度。

ex) I wouldn’t buy such a fancy car.

もうお分かりですね。

先ほどのIfで始まる完全な仮定法の文章の帰結節とまったく同じものです。

つまり、If節がなくとも、”would”が使われた文章だから、ネイティブはこの文章を仮定法と解釈するのです。

ですから、これだけで「僕ならそんな高級な車は買わないな」となります。

決まり文句として覚えてもいい

まあ、”I wouldn’t do ~”=「私ならdoしないよ」という決まり文句として覚えてしまってもいいと思います。

実際にネイティブもこの形を頻繁に使います。

ただし、それが仮定法から来ている文章だということは理解しておいて損はありません。

実際の会話ではこのようにIf節は頻繁に省かれます。

“would”に限らず、”could””might”などの助動詞の過去形を見たら要注意ですよ!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

”can’t (couldn’t) have pp”は「~だったはずはない」

  いままでいくつかの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきました。 (以下参照ください) ”should have p.p.”には2つの意味 ”may (might) h …

”could have pp”の使い方

  これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に …

“must”と”have to”は使い分けて!

  今回は助動詞”must”です。 “must”は私たちにも「~しなければならない」という意味でおなじみですよね。 そして、「~しなければならない」という意味でもう一つ忘れてはならないのが、 …

提案・アドバイスは”might want to do”ですべて解決!

  「~しなさい!」 「~するべきだよ」 「~したほうがいいよ」 etc…. 提案やアドバイスにもさまざまなニュアンス・強さがありますよね。 以前、提案やアドバイスをする際に日本 …