会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

紛らわしい表現

「1日おきに」や「3日に一度」はどういう?

 

日本語の日常会話では頻繁に使う表現に限って、「あれ?英語ではどういうんだっけ?」というケースが多くないですか?(笑)

とくに日時や頻度がからんだ表現って、すごく使うにもかかわらず自信をもって英語で言えない……という方々も多いと思います。

以前も「2週間後に」という言い方を採りあげましたが、言えそうで言えない英語表現の一つです。
「”ago”と”before”の混同」参照)

「1日に2度」は有名

まずは、比較的みなさん知っているのが「1日に2度」などのようなケースです。

ex) 1日に1度 = once a day
ex) 1週間に2度 = twice a week
ex) 1年に3回 = three times a year

ここまでは基本です。

「1日おきに」は?

では「1日おきに」「3日に一度」などはいかがでしょうか?

ここからは一気に難易度が上がる気がしますが、日常会話では頻繁に使う表現なのでぜひ覚えてくださいね!

まずは前提となる基本パターンから。

ex) 毎日 =everyday
ex) 毎週 = every week
ex) 毎月 =every month
ex) 毎年 =every year

これは問題ないでしょう。

これをたたき台に「1日おきに」のような「~おきに」というケースを見てみましょう。

ex) 1日おき =every other day
ex) 1週間おき =every other week
ex) 1か月おき =every other month
ex) 1年おき =every other year

以上のように、例えば「1日おき」なら、先ほどの基本パターンの”everyday”の”every”と”day”の間に”other”を入れてやれば完成です。

「4年に一度」のオリンピックは?

次に「3日に一度」などのように「~に1度」はどう表現するでしょうか?

ex) 3日に一度 =every three days
ex) 3週間に一度 =every three weeks
ex) 3分に一度 =every three minutes
ex) 数時間に一度 =every few hours

今度は基本パターンの”everyday”の”every”と”day”の間に具体的に間隔を表す数値(ここでは”three”)を入れてあげればOKです。

ですからオリンピックのように「4年に一度」の場合は……

ex) every four years

になるわけですね。

さきほどの「~おきに」とは違い、”days”や”weeks”というふうに複数形になるところに注意してください。

以上、どれもパターンで覚えてしまえば済むものですので、是非マスターして会話で使ってください!

スポンサーリンク

-紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

”last Monday”は、いつの月曜日?

  コミュニケーションにおいて日時を正確に伝えることはとても重要ですよね? 曜日や時間を間違えてしまうと、さまざまなトラブルを招きかねません。 しかしながら、英語と日本語ではその発想が少し違 …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、if節の中だけで …

“would”と”used to”を的確に使い分ける!

今回はリクエストの多かった”would”と”used to”の比較をやってみたいと思います。 この2つを混同して、使い分けできていない人も多いようです。 …

‘to do’ と ‘doing’ の考え方 – 不定詞と動名詞のお話 Part 1

「この動詞の後ろは ‘to do’?それとも ‘doing’?」 これ、英語学習者が悩まされる問題の一つですよね。 楽な覚え方はないのでしょうか? 例え …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …