会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

紛らわしい表現

「1日おきに」や「3日に一度」はどういう?

 

日本語の日常会話では頻繁に使う表現に限って、「あれ?英語ではどういうんだっけ?」というケースが多くないですか?(笑)

とくに日時や頻度がからんだ表現って、すごく使うにもかかわらず自信をもって英語で言えない……という方々も多いと思います。

以前も「2週間後に」という言い方を採りあげましたが、言えそうで言えない英語表現の一つです。
「”ago”と”before”の混同」参照)

「1日に2度」は有名

まずは、比較的みなさん知っているのが「1日に2度」などのようなケースです。

ex) 1日に1度 = once a day
ex) 1週間に2度 = twice a week
ex) 1年に3回 = three times a year

ここまでは基本です。

「1日おきに」は?

では「1日おきに」「3日に一度」などはいかがでしょうか?

ここからは一気に難易度が上がる気がしますが、日常会話では頻繁に使う表現なのでぜひ覚えてくださいね!

まずは前提となる基本パターンから。

ex) 毎日 =everyday
ex) 毎週 = every week
ex) 毎月 =every month
ex) 毎年 =every year

これは問題ないでしょう。

これをたたき台に「1日おきに」のような「~おきに」というケースを見てみましょう。

ex) 1日おき =every other day
ex) 1週間おき =every other week
ex) 1か月おき =every other month
ex) 1年おき =every other year

以上のように、例えば「1日おき」なら、先ほどの基本パターンの”everyday”の”every”と”day”の間に”other”を入れてやれば完成です。

「4年に一度」のオリンピックは?

次に「3日に一度」などのように「~に1度」はどう表現するでしょうか?

ex) 3日に一度 =every three days
ex) 3週間に一度 =every three weeks
ex) 3分に一度 =every three minutes
ex) 数時間に一度 =every few hours

今度は基本パターンの”everyday”の”every”と”day”の間に具体的に間隔を表す数値(ここでは”three”)を入れてあげればOKです。

ですからオリンピックのように「4年に一度」の場合は……

ex) every four years

になるわけですね。

さきほどの「~おきに」とは違い、”days”や”weeks”というふうに複数形になるところに注意してください。

以上、どれもパターンで覚えてしまえば済むものですので、是非マスターして会話で使ってください!

スポンサーリンク

-紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け①

  英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているの …

現在完了と過去形、ちゃんと使い分けてますか?①

  英語をマスターするうえで、時制はとても大切な文法項目です。 実際に、以前ご紹介した文法書の世界的名著”Grammar in use”も、時制のセクションから始まっており、かなりのページを …

“at last”と”finally”は使い分けが必要!

  「ついに~、ようやく、とうとう」という時に”at last”を使う日本人は多いと思います。 しかし、”at last”はどんな時にも使える …

「最近」の “nowadays” “these days” “recently” “lately”の使い分け

  多くの英語学習者を悩ます「最近」について、ズバリその使い分けをお伝えします。 これでどの「最近」を使えばいいのかもう悩むこともなくなります! 「最近」を表す言葉には”nowa …

”put on it”は間違い – 句動詞の世界

  ネイティブの日常会話に頻繁に登場する”give out”や”get on”などの表現。 これらは句動詞と呼ばれるもので、”give”や”get”、”take”などの超基本動詞に”on”や …