会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

動詞 日本人の間違い 紛らわしい表現

‘try doing’ と ‘try to do’は全く違います!

動詞の後ろにまた動詞を置きたい場合、そのまま「動詞+動詞」という形は基本的には出来ません。
(口語で ‘Come see me.’ などはありますが、本来 ‘Come and see me.’ の ‘and’ が省略された例外です)

基本的には ‘to do’(to不定詞)、もしくは ‘doing’(動名詞)の形で置いてやらなくてはいけません。

どちらの形を従えるのかは、動詞によって異なります。

例えば、後ろに ‘doing’ が続く主な動詞の覚え方として、それぞれの動詞の1文字目を使ったゴロ合わせ ‘megafeps’ があり、受験生の間では有名ですよね↓↓。

どちらも従える動詞も

さて、そんな中、’to do’(to不定詞)と ‘doing’(動名詞)のどちらも従えることができる動詞もあります。

代表的な例を挙げると…

remember / forget / regret / love / like / begin  etc….

それぞれ、’to do’(to不定詞)と ‘doing’(動名詞)の時で、意味が違ったり、はたまた同じだったり…

非常に面倒です(笑)

その中から今回は日本人の多くがその違いをはっきりと把握していない ‘try’ を見てみましょう。

まずは ‘try to do’ から

‘try’ は後ろに’to do’ と ‘doing’ の両方を従えることができます。

そして、それぞれで意味がはっきりと違います!

日本人は圧倒的に ‘try to do’ の方に馴染みがあるでしょう。

ex) You should try to do your best to pass the exam.
「あなたは試験に合格するためにベストを尽くすよう努めるべきだ」

この’try to do’ は我々日本人にとって非常になじみのある「doするよう努める」という意味ですね。

これは問題ないと思います。

もう一つ…

ex) I tried to open the window.
「私はその窓を開けようとしてみた」

窓が古くてなかなか開かないのか、頑張って何とか開けようとした…というニュアンスが伝わってきます。

では ‘try doing’ は?

それでは次の文はいかがでしょうか?

ex) I tried opening the window.

今度は ‘try doing’ です。

こちらの場合は、’try to do’ の時のような「努力」的なニュアンスはなく、「試しにやってみる」という感じです。

つまり「試しに窓を開けてみた」です。

外の気温を確かめたかったのか「ちょっと開けてみた」というニュアンスですね。

このように、’ try to do’ と ‘try doing’ では全く使い方が異なるのです!

この ‘try doing’ 、ネイティブ英語では結構頻繁に出てくる表現です。

これを機に皆さんも是非ものにしてください!

  

スポンサーリンク

-動詞, 日本人の間違い, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

接続詞”as”の本当の使い方・意味はたった一つ「=」だけ!

私たちは、この”as”の接続詞にはいくつかの意味がある、と習います。 主なものは…… ・「~のとき」 ・「~なので」 ・「~につれて」 ・「~のように」 あたりですね。 でも、これだけ意味があると、混 …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

“There is/are~構文”は制限だらけ(?)

  私たちが学校などで英語を学び始めると、必ず習う構文の一つに“There is/are~”構文があります。 「どこそこに~がある・いる」という、泣く子も黙る(笑)黄 …

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け part 1

英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているのが「”It”は …