会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

便利な表現

動詞の名詞化 – 英語らしさ

 

唐突ですが、次の2つの日本語の文章を見てください。

「彼はそのニュースに驚いた」
「彼はそのニュースに驚きの声を上げた」

どちらも意味するところは同じですよね。

どちらを使うかは、人や場合によってさまざまだと思いますが、どちらもいたって自然な日本語には間違いありません。

動詞の名詞化

これと同じことが英語にも見られます。

先ほどの2つの文章をあえて英語にしてみると次のようになるでしょうか。

ex) He was surprised at the news.
ex) He made a sound of surprise.

1つ目で使われている”be surprised at”は、私たち日本人が英語で「驚く」といえばコレ!といってもいいくらい馴染みのある表現でしょう。

しかし、次の”make a sound of surprise”もネイティブにとってはとても自然な表現方法です。

基本動詞”make”を使って、”surprise”を名詞として使っています。

このように、動詞の機能もある言葉を、あえて名詞として使う表現方法は、英語の表現方法としてとてもポピュラーなものです。

実際の英語はこの表現であふれている

この類の例はいたるところで散見されます。

ex) He made his professional debut as a composer.
「彼は作曲家としてプロデビューを果たした」

これも同じく”make”を使ったケースですが、もちろん” debut”には「デビューする」という動詞もありますが、ここでは名詞として使っているところがミソです。

さらに「”make”+名詞化された動詞」を使ったパターンで、みなさんよくご存じものがあります。

ex) We will make a brief stop at Nagoya.
「まもなく名古屋に到着いたします」

これは新幹線のアナウンスですが、“stop”を動詞としては使わずに、”make”とからめて名詞として使っています。

その他いくつか例をあげましょう。

ex) My father showed signs of recovery.
「私の父は回復の兆しを見せた」

「回復する」と言いたいときには、動詞の”recover”を中心に考えがちですが、例のように名詞の”recovery”を使うことにより、非常に英語らしい表現を出しています。

最後にもう一つ。

ex) Beethoven is a huge influence on me.
「私はベートーベンに多大な影響を受けました」

「誰かに影響を受けた」というときに、このパターンはとてもよく聞きかれる表現です。

ご存知のように” influence”には動詞もありますが、あえて名詞として使う頻出表現です。

みなさんも、このような動詞の名詞化を探してみてください。

きっとすぐにいくつも見つかると思います!

スポンサーリンク

-便利な表現

執筆者:

関連記事

意外な”have to”の使い方

  今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。 「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」 という声がたくさん聞こえてきますね(笑) まあまあ、落ち着い …

無生物主語で英語らしく!

  今回は英語らしさの象徴である”無生物主語”にスポットを当ててみたいと思います。 ”無生物主語”とは、人間以外のモノや事柄を主語にした文章のことですが、さらっと自然に使いこなせる人は意外と …

”It…for~to構文“の作り方

  英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”には、明確な使い分けが必要な場合があると以前お話しました。 (以下参照ください)  会話に使える!英文法&nbsp …

“have”さえあれば何でも言える!

  自然な英語を目指すなら“have”をはじめ“give” “get” “make”などの超基 …

”We / You / They”が上手に使えると便利!

  今回は”We / You / They”のお話です。 「何を今さら……」 と思うでしょ? まあ、聞いてください。 以下の文章、上手く訳せますか? ex) You have two way …

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で