会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

よもやま日記 発音 雑学

‘R’ の発音には簡単なコツが – 発音向上委員会!

このブログの主旨は文法ですが、以前何となく投稿した発音(アクセント)についての記事の閲覧数が予想以上の多く、もう一記事書くことにしました。

発音については、まだまだお伝えしたいことが多々あるんです(笑)

↓↓の人気記事も併せてお読みいただければ嬉しいです!

では、はりきって参りましょう!

‘read’ は「(ウ)リード」!

なんのこっちゃ?と思いますか?(笑)

日本人にとって ‘l’ と’r’ の違いが難しい、というのは周知の事実ですよね。

「’l’ は舌の先を上の前歯の後ろに付けて…」

「’r’ は舌を巻いて…」

などというセオリーがあるにはあるのですが、なかなか日本人には難しい…

    

そこで提案です!

まずは ‘r’ の発音から攻略ましょう!

そうすることによって、もう一方の ‘l’ の発音との差別化ができます。

まず、’r’ で始まる単語を発音する際には「ウ」を頭に付けて発音してみてください。

‘read’ なら「(ウ)リード」

‘rabbit’ なら「(ウ)ラビット」

以上のような要領です。

もう思い切って「ウ」と言っちゃっても大丈夫です。

そのつもりで改めてネイティブの発音を聞いてみてください。

「ウ」が聞こえてくるはずですから!

‘world’ も「(ウ)ワールド」!

‘w’ で始まる単語も同じく「ウ」を頭にくっつけて発音してやると確実に伝わります。

‘write’ は「(ウ)ライト」

‘world’ は「(ウ)ワールド」

です。

つまり、’r’ と ‘w’ で始まる単語は最初に「ウ」と言ってから発音するのがコツです!

「舌」の巻きすぎにご用心!

上記を心得るだけでも、’r’ に関してはかなり有利になると思います。

そんな ‘r’ について、もう一点注意を。

日本人は必要以上に ‘r’ の時に舌を巻きすぎる傾向があるように思います。

これにまつわる指摘を知り合いのネイティブがしてくれましたのでご紹介ます。

いわく、 ‘hurt’ と ‘heart’ が同じに聞こえるというのです!

‘hurt’ は舌を巻いて発音してもいい単語でしょう。

しかし、’heart’ に関してはそれほど巻かずに発音しなくてはなりません。

そもそもこの2つの単語のスペル自体が全く違います!

‘r’ があれば何でもかんでも舌を巻く!ということではあません!

‘comfortable’ のネイティブの覚え方

私がイギリス留学時代の先生が教えてくれた小ネタを。

単語 ‘comfortable’ の正しい発音をネイティブの子どもが覚えるときには次のように分解して覚えるそうです。

‘come for a table’

あえてカタカナ発音で書くと…

「カンフォラテイボー」(笑)

ちょっと極端というか、強引というか…(笑)

でも、このように発音するつもりで一気に言うと、確かに「それっぽく」聞こえますね(笑)

余談でした。

スポンサーリンク

-よもやま日記, 発音, 雑学

執筆者:

関連記事

‘very’ には形容詞の働きも! – もっと ‘very’ を有効活用しましょう

ex) Thank you very much! いきなりの例文です(笑) この英文、恐らく英語を話せない日本人でもほぼ間違いなく知っているものでしょう。 ex) I’m very hun …

これはすごい!一番自然なネイティブの言い回しを学べる辞典

同じことを言うにしても、人によってその言い方は様々。 英会話や英作文においても、何を言うにしても答えは一つではありません。 とは言え、「これが一番自然かな」という一般的な言い回しはあります。 自分が作 …

TOEIC900点レベルのウェブ翻訳ツールが登場!

  みなさんは、ウェブ翻訳はお使いになりますか? 最近のウェブ翻訳は、一昔前のお粗末な(笑)翻訳とは違い、かなり精度が高く正確な翻訳文を提示してくれるようですね。 不自然な翻訳…… 個人的に …

山手線の英語アナウンスの間違い – “the”や”and”の使い方が学べる!

私が(勝手に)師と仰ぐ日本在住の英語学者であるT.D.ミントン氏の書籍日本人の英語表現は、日本人が勘違いしている文法事項に鋭いメスを入れている名著です。 扱っている内容的にはちょっと高度な話も多いです …

すぐに使える表現集 – Part 1

  「すぐに使える表現集」ということで、日常においてよく使われ、覚えればすぐに使える表現を、筆者の独断と偏見で(?)徒然なるままに列挙します! 今回はその第一弾。 では、さっそく参りましょう …