会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 紛らわしい表現

‘at first’ は「まず最初に」ではありません!

順を追って何かを説明するときなどに「まず最初に…」という表現をすることがよくあると思います。

英語でそれをやろうとするときに ‘at first’ を使ってしまう方いませんか?

気持ちは分かりますが、それ間違っています(笑)

‘at first’ は ‘but’ とセットで

‘at first’ は順序だてて何かを言う際の「まず最初に」という意味は全く持っていません。

‘at first’ は、前の状況と後の状況を対比するために使われる表現です。

元々ある状況があり、それが後になって違う状況に変わった…

つまり ‘at first …….., but……’ という形で、あえて ‘but’ と言わなくても言外にそれを含んでいる表現なのです。

「最初は….だったけど、後に….」です。

ロングマン英英辞典での ‘at first’ の定義を見てみましょう。

used to talk about the beginning of a situation, especially when it is different now

はい、このように ‘ it is different now’ と言っています。

ロングマンは例文として以下の英文を挙げています。

ex) At first, Gregory was shy and hardly spoke.
(最初ジョージはシャイで全くしゃべらなかった)

「でも今は…」という含みがあります。

順序を表すには?

では、順序を表す「まず最初に」はどう表現するのでしょうか?

ズバリ ‘First’ もしくは ‘Firstly’ です。

ex) There are several reasons for this conclusion. Firstly …
(この結論にはいくつかの理由があります。まず最初に…)

という具合ですね。

その他、‘First of all’, ‘Initially’, ‘To begin with’ などもOKです。

   

‘at’ が付くかつかないかで全く意味合いが変わってきます。

お気を付けを!

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏はら まず、正し …

「数詞+名詞」が形容詞になるとき……

  今回は日本人が間違いやすい「複数形」のお話です。 まず、次の文章をご覧ください。 ex) a two-weeks vacation 「2週間のお休み」という意味にしたいのですが、どこかに …

「~まで」”till”と”by”の使い分け

  今回は「~まで」という表現を勉強します。 まず以下2つの日本語の文章を見てください。 「ここで8時まで彼を待っているね」 「8時まで戻ってきます」 さぁ、両方とも「~まで」が使われていま …

“as far as”と”as long as”

  英語には、ほぼ同じ意味だけど、ニュアンスが違ったり、使い方が違うという表現がたくさんあります。 その中の1つに“as far as”と“as long …

“this”と”that”の意外な使い分け

  今回は誰でも知っている“this”と“that”です。 知ってるよー! “this”は「これ」で、”t …