会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

仮定法

仮定法の”If ~should~”は未来指向

 

今回は仮定法の”If ~should~”です。

こちらも以前ご紹介した”were to”と同じで、未来における仮定を言い表す表現方法で、「仮定法未来」と呼ぶことのできるものです。
「仮定法の”were to”は自由に使える!」参照)

事実とは逆の願望や仮定を表す「仮定法過去」「仮定法過去完了」と違い、まだ事実のない未来における仮定をいうときに使うのがこの”If ~should~”です。

そこまでは”were to”と同じですね。

可能性が低いと感じているとき

では、実際の例で見てみましょう。

ex) If you should need help, don’t hesitate to call me.
「もし助けが必要になったら、遠慮なく連絡してね」

この文章から伝わってくるニュアンスは、「可能性は低いが……」ということです。

同じ未来の仮定を表す“were to”との違いはこの「可能性は低い」というところです。

“were to”は、可能性の高低は問題にしていません。

単純に「もし~だとしたら」という表現方法でしたね。

しかし、この”should”には可能性の低さが見え隠れします。

日本の文法書ではこの表現を「万が一」というキーワードで説明しますが、ネイティヴいわく、このshouldの示す可能性はおおむね10%から30%という数値をあげるそうです。

ですから、「それほど可能性は高くないが、もし起こったら」という解釈でいいと思います。

「直説法」との違い

ここで問題となってくるのが、単なる条件を言う直説法の”If”との違いです。
「『法』のお話し① – 直説法」参照)

改めて、「仮定法過去」と「仮定法過去完了」も交えて、その違いを比較してみましょう。

ex) If it is fine tomorrow, he will play tennis with me.
直説法(未来の単なる条件→晴れる可能性はある

ex) If it were fine today, he would play tennis with me.
仮定法過去(現実の事実に反する仮想→実際には晴れていない

ex) If it had been fine yesterday, he would have played tennis with me.
仮定法過去完了(過去の事実に反する仮想→実際には晴れていなかった

ex) If it should be fine tomorrow, he would play tennis with me.
”If ~should~”(未来の予測に反する仮想→晴れる可能性は極めて低い

4つ目の”If ~should~”の文章のケースは、天気予報などで「明日は台風をともなう大雨」という予報が出ている状況での会話です。

話者のなかでは「晴れるはずはない」という気持ちがあるので、「万が一……」という思いを込めて”If ~should~”を使っています。

起きるか起きないかの予測は出来ないが、話し手は起きる可能性が低いと思っている。

その時の表現が”If ~should~”です。

間違っても、絶対に起こりえない仮定には使えないのでご注意を!

スポンサーリンク

-仮定法

執筆者:

関連記事

仮定法過去は”過去”を意味しない!

  今回は「仮定法過去」のお勉強です。 (以下2つ参照ください) 「仮定法 – イントロダクション」 「『法』のお話し② – 仮定法」 型は? まずは例文から。 ex) If I …

「法」のお話し③ – 命令法

  「法」のお話も今回が最後です。 今回は3つある「法」のうちで、一番簡単で分かりやすい「命令法」です。 *他の2つは…… 「法」のお話し① – 直説法 「法」のお話し② &#8 …

仮定法 – イントロダクション

  「仮定法」というと、なにやら苦手意識をもっている方も多いのでは? でも、パターンと“心”を把握してしまえば簡単カンタン! その“心”それさえ分かってしまえば、もう「仮定法」は怖くありませ …

「法」のお話し② – 仮定法

  さあ、「法」のお話し②は、いよいよ「仮定法」です! まず、前提として…… 英語の「法」には3種類あって、それぞれ話し手の込める”気持ち(=ムード)”が違うんでしたね。 ■直説法 ■仮定法 …

過去における仮定・後悔は仮定法過去完了!

  さあ、今回は「仮定法過去完了」です。 仮定法でつまずく人が多い理由の一つとして、その名前があります。 以前勉強した「仮定法過去」を思い出してください。 名前こそ「仮定法”過去”」ですが、 …