会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

仮定法

「法」のお話し③ – 命令法

 

「法」のお話も今回が最後です。

今回は3つある「法」のうちで、一番簡単で分かりやすい「命令法」です。

*他の2つは……
「法」のお話し① – 直説法
「法」のお話し② – 仮定法
をご覧ください。

「法」とは、話し手がどういう思い・気持ちを込めるかによって使いわける動詞の形……でしたね。

ズバリそのままです

今回の「命令法」は、そのままズバリ話し手の“命令”や”要求”をいうときの動詞の形で、その時の動詞の形は原型です。

ex) Watch out!(気を付けて!)
ex) Be quiet!(静かにしなさい!)
ex) Don’t park your car here.(ここに駐車しないでください)

どうでしょう……早い話が「命令文」ということですね(笑)

「命令法」については、これ以上深く入り込む必要はありません。

「命令法」=「命令文」

その理解で十分です!!

「法」のまとめ

ということで、3つの「法」を学びました。

振り返ると……

■「直説法」 ⇒事実を特別な感情を込めずに、事実に即した時制を使っていうときの動詞の形
■「仮定法」 ⇒事実とは逆の仮定・願望・後悔などの気持ちを込めていうときの動詞の形
■「命令法」 ⇒命令や要求をするときの動詞の形

というまとめになります。

この中で一番ややこしいのが、何といっても「仮定法」でしょう。

「仮定法」は今後じっくりと学んでいきましょう。お楽しみに!

スポンサーリンク

-仮定法

執筆者:

関連記事

“as if / as though” の後ろは仮定法でも、直説法でも!

  今回は「まるで~のように」を表す”as if / as though”についてお話します。 ある程度英語を勉強されている方ならご存知の表現だと思いますが、その使い …

仮定法の”If ~should~”は未来指向

  今回は仮定法の”If ~should~”です。 こちらも以前ご紹介した”were to”と同じで、未来における仮定を言い表す表現方法で、「仮定法未来」と呼ぶことのできるものです。 (「仮 …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

  仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、 …

仮定法過去は”過去”を意味しない!

  今回は「仮定法過去」のお勉強です。 (以下2つ参照ください) 「仮定法 – イントロダクション」 「『法』のお話し② – 仮定法」 型は? まずは例文から。 ex) If I …

仮定法 – イントロダクション

  「仮定法」というと、なにやら苦手意識をもっている方も多いのでは? でも、パターンと“心”を把握してしまえば簡単カンタン! その“心”それさえ分かってしまえば、もう「仮定法」は怖くありませ …