会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

動詞 日本人の間違い

「決める」の ‘decide’ の使い方、間違ってますよ!

何かを「決める」と言う際に、日本人が真っ先に使いたくなる動詞が ‘decide’ ではないでしょうか。

それ自体は間違っていないのですが、この動詞が持つ本質的なニュアンスを理解したうえで使わないと不自然な英語になってしまいます!

選択肢から選んで決める

まず次の英文を見てください。

ex) Simon has decided to become a lawyer.

恐らくほとんどの方が「どこがおかしいの?」と思うと思います。

はい、確かに英文としては何の非もない適格な文章です。

もちろん和訳は「サイモンは弁護士になることに決めた」ですね。

ただし!!

この文章を聞いたネイティブは例えば次のように感じます。

「サイモン君は、弁護士を目指して法科大学などでの専門教育を終えたが、実家の家業を継ぐか否かで悩んでいた。でも最終的には弁護士になることに決めたんだね」

分かりますか?

つまり、’decide’ は”その人にとって確実に開かれた選択肢の一つに決めた”という際にしか使わないのです。

ということは次の英文は非常に不自然に聞こえることになります。

ex) My 12-year-old brother has decided to become a lawyer.

「私の12歳の弟は弁護士になることに決めた」という意味ですが、いささか不自然です…

なぜなら、12歳の子どもにとって弁護士になることが「決定された一つの選択肢」であることはあり得ないからです。

実際にこの12歳の子が「僕は将来弁護士になるんだ!」と心に決めていたとしても、そこで ‘decide’ を使うのは非常に不自然な英語になるのです。

「決意する」

では、上のケースの時はどういうのでしょうか?

つまり「~を決意する」というニュアンスですよね。

ex) My 12-year-old brother is determined to become a lawyer.

‘be determined to do’ がピッタリですね。

これであれば「12歳の弟は将来弁護士になる決意だ」という意味になります。

  

ということで、冒頭の ‘Simon has decided to become a lawyer. ‘ に戻ります。

これは、「サイモンにとっていくつかの選択肢がある中から弁護士になることに決めた」なら適格。

「法律について何にも勉強してないにもかかわらず、ただ単に『弁護士になろう!』と決意したのなら不適格ということになります。

後者の場合は…

もうお分かりですね。

ex) Simon is determined to become a lawyer.

になります。

スポンサーリンク

-動詞, 日本人の間違い

執筆者:

関連記事

仮定法過去の”were to”は自由に使える!

  このブログでは仮定法のトピックが多いですが、それだけ英語では仮定法が大切だということです。 つまり、実際の会話では、頻繁に仮定法が使われているということですね。 さて、今回は仮定法表現の …

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

  今回はとても便利な表現”give up”についてです。 “give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。 「あきらめる」 「降参する」 「ギヴする」(笑) という意味合いで「 …

“There is/are~構文”は制限だらけ(?)

  私たちが学校などで英語を学び始めると、必ず習う構文の一つに“There is/are~”構文があります。 「どこそこに~がある・いる」という、泣く子も黙る(笑)黄 …

‘to do’ と ‘doing’ の考え方 – 不定詞と動名詞のお話 Part 1

「この動詞の後ろは ‘to do’?それとも ‘doing’?」 これ、英語学習者が悩まされる問題の一つですよね。 楽な覚え方はないのでしょうか? 例え …

3大代名詞の “it”, “this”, “that” を的確に使い分ける!

  突然ですが、次のカッコの中から正しいものを選んでください。 A: I’m thinking of taking a walk with you after breakfast. Wha …