会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

動詞

「自動詞」と「他動詞」のお話①

 

英語には2種類の動詞があります。

「自動詞」「他動詞」

ですね。

まず、次のシチュエーションを考えてみましょう。

お母さんに「夕べのパーティーは楽しかった?」と聞かれて、その答えとしてあなたはこう答えました。

×Yes, I enjoyed very much !

残念ながらこの英文は間違いになってしまいます……

なぜでしょう?……

答)動詞”enjoy”は他動詞で、後ろに必ず目的語がいるからです。

ここで「自動詞」と「他動詞」という考え方が必要になってきます。

「自動詞」は自立心が強い(?)

「自動詞」は、平たく言うと“自分だけで成り立つ”動詞ということが出来ます。

ですから「自」動詞なんですね。

例えば……

ex) She smiled.
「彼女は笑った」

ex) It is raining.
「雨が降っている」

など、”smile”や”rain”という動詞の後ろに何もなくても文章が成り立ちますよね?

これが「自動詞」です。

「他動詞」は他力本願(?)

一方、「他動詞」は後ろに何かしらの名詞要素、つまり目的語が必要です。

強いて言えば「他」の“何かの力を借りないと成り立たない”動詞ともいえます。

ここで、冒頭の文章に戻りましょう。

×Yes, I enjoyed very much !

結論からいうと、この動詞”enjoy”は「他動詞」なのです。

「他動詞」なので後ろに“何を楽しんだのか”という、楽しむ対象となる目的語が必要なのですが、この文章ではそれが何もありません。

ですから、この文章は間違いということになってしまいます。

“enjoy”の後ろに目的語を付けないと、「で、何を楽しんだの?」という感じになってしまいます。

つまり、お母さんに「夕べのパーティーは楽しかった?」と聞かれて、「とっても楽しんだよ!」と言いたい場合には、以下のように目的語を付けなければいけません。

ex) Yes, I enjoyed the party very much !

日本語では「とっても楽しんだよ!」だけでも文章として問題なく成り立ちますよね。

つまり“何を楽しんだのか”に相当する単語を付けなくても普通に会話が成り立つのですが、英語は常に「自動詞」か「他動詞」かを考えなくてはいけません。

つまり、使う動詞を「自動詞」として使うのか、「他動詞」として使うのかを常に意識する必要があります。

ん……ちょっと面倒ですね(笑)

でも、ここが日本語と英語の発想の大きな違いの一つです。

心配いりません!

そういう視点を持って常に英語に接していれば、だんだん慣れてきます!

スポンサーリンク

-動詞

執筆者:

関連記事

「自動詞」と「他動詞」のお話③

  さあ、「自動詞」と「他動詞」のお話の3回目。 (「自動詞」と「他動詞」のお話①と「自動詞」と「他動詞」のお話②も併せてお読みください) 今回は紛らわしい動詞です。 つまり…… 「自動詞」 …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …

“Please help my homework”はダメ! – “help”の正しい使い方

  先日、親戚の中学生に英作文を教えていたところ、次のような英文をこしらえました。 X  Please help my homework. 「宿題を手伝って!」という文章ですが、これは不適格 …

仮定法過去の”were to”は自由に使える!

  このブログでは仮定法のトピックが多いですが、それだけ英語では仮定法が大切だということです。 つまり、実際の会話では、頻繁に仮定法が使われているということですね。 さて、今回は仮定法表現の …

“to do” と “doing”の考え方 – 不定詞と動名詞のお話 Part 1

「この動詞の後ろは”to do”?それとも”doing”?」 これ、英語学習者が悩まされる問題の一つですよね。 楽な覚え方はないのでしょうか? 例えば、 …