会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

”may (might) have pp”の使い方

 

今回は”may (might) have p.p.”です。

この表現は、以前紹介した”should have p.p.”と同じく2つの意味があります。
「”should have p.p.”には2つの意味」参照)

確信度の低い推量

まずは過去における推量です。

もともと助動詞”may (might)”には「~かもしれない」という確信度の低さを表す意味があります。
「助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!」参照)

強いて数値をいえば50%程度の確信度です。

その過去バージョンで「~だったかもしれない」を表すのが”may (might) have p.p.”です。

ex) Tom might have left the office.
「トムはもう会社を出たかもしれない」

ex) Mike is late. He might have got lost.
「マイク遅いね。道に迷ったのかもね」

実際には”may”はあまり使われず”might have p.p.”が普通です。

ちなみに、”might”は”may”の過去形ではありません!

“may”の過去形はあくまでも今回紹介している”may have p.p.”です。

仮定法の意味も大切です

もう一つ大切な使い方に仮定法があります。

ex) You might have let us know about the delay.
「遅れについて教えてくれてもよかったのに」

これが意味するのは「でも、実際には教えてくれなかった」ということです。

この裏には「教えようと思えば教えられたのに」という思いがあるのです。

そうです、つまり仮定法なのです。

過去においての後悔や願望を表す「仮定法過去完了」の帰結節部分のパターンと一致しますよね。
「過去における仮定・後悔は仮定法過去完了!」参照)

特にこの時の”might have p.p.”は、例文のように“非難”を表す使い方が多いです。
”could have p.p.”にも同義の使い方があります)

セットフレーズとしても!

最後に口語でよく使う言い回しを紹介します。

ex) We like to think about the might-have-beens.
「人は“ああだったらなぁ、こうだったらなぁ”ということに思いを巡らすのが好きだ」

これは日常的によく使う言い回しで“the might-have-been”という1つの名詞になっています。(”the could-have-been”もあります)

意味は先ほどの仮定法のニュアンスで「過去における実現しなかった可能性」を言います。

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

意外な”have to”の使い方

  今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。 「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」 という声がたくさん聞こえてきますね(笑) まあまあ、落ち着い …

“should / could”…推量の助動詞の使い方

  「助動詞+be」は推量を表すとても便利な表現です。 そのなかでも、日本人が一番よく使うのがおなじみ“may be”ですね(笑) もちろん意味は「たぶん」ですが、実際のネイティブの感覚では …

“had better”は思った以上に強いのでご注意を!

  「~したほうがいい」と、人に提案やアドバイスをするとき、私たちがすぐに使いたくなるのが“should”ではないでしょうか? その提案の強さや程度に関係なく、日本人 …

”should have pp”には2つの意味

  助動詞”should”に2つの意味がありますよね。 「~のはずだ」という推量 「~すべきだ」という義務 これが”should have p.p.”になると、それぞれに過去の意味が生じます …

提案・アドバイスは”might want to do”ですべて解決!

  「~しなさい!」 「~するべきだよ」 「~したほうがいいよ」 etc…. 提案やアドバイスにもさまざまなニュアンス・強さがありますよね。 以前、提案やアドバイスをする際に日本 …