会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い

「クレームをつける」は”claim”ではない!

 

とかく会社や人に対して文句をつける人を日本では「クレーマー」と呼びますよね。

「クレームをつける」などという使い方もあります。

日本ではこれらの言葉がもう完全に定着した感がありますが、英語では何というのでしょうか?

英語の”claim”

我々が普段使っている「クレーム」は、英語の”claim”から来たものです。

ではこの”claim”を英英辞典で調べてみましょう。

“to say that something is true although it has not been proved and other people may not believe it”

Oxford Advanced Learner’s Dictionaryの第1義にはこのように出ています。
(ちなみに、Longman Dictionary of Contemporary Englishでもこの意味が第1義でした)

要約すると「(確証や自信はないが)真実だと主張する、言う」です。

おやおや……日本語で言うところの「クレーム」とは少し違う感じですね。

例文を見てみましょう。

ex) Tom claimed that he knew nothing about the news.
「トムはニュースについては知らないと言い張った」

この文は、「トムは知らないといっているが、本当にそうかな……」という発話者の疑念が見え隠れしています。

これこそが基本的な”claim”の使い方です。

お金や権利を要求する

“claim”には他にも「当然の権利として(お金等を)要求・請求する」という意味もあります。

ex) You can claim the cost of the hotel room from your insurance.
「あなたはホテルの部屋代を保険から請求できます」

日本語の「クレーム」はどういう?

ということで”claim”は、私たちが普段よく使っている「クレーム」とは少し違うことがお分かり頂けたかと思います。

私たちの「クレーム」は、もっと広いというか、軽いというか……

では、私たちが普段使う感覚の「クレーム」に相当する英語表現はなんでしょうか?

それはズバリ“complain”です。

Longman Dictionary of Contemporary Englishでは以下のように出ています。

“to say that you are annoyed, not satisfied, or unhappy about something or someone”

意味的には「誰かや何かに対して苦情や文句を言う」ですから、私たちの「クレーム」にピッタリですね!

ex) You should complain about the hotel service.
「ホテルのサービスに対して文句を言うべきだ」

名詞”complaint”でもよく使います。

ex) You should not make complaints about every trivial matter.
「細かいことにいちいち文句をつけるべきではない」

このように、私たちがよく使う「クレーム」に相当するのは”complain”です!!

スポンサーリンク

-日本人の間違い

執筆者:

関連記事

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

  受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏は …

”It…to構文”と”It…that構文”の使い分け①

  英語の重要構文である”It…to構文”と”It…that構文”の使い分けをズバリ解説します。 これを読めばスッキリ、自信を持って使い分けられると思います! まず、どちらにも共通しているの …

“give up”の間違い – 本当の2つの用法

  今回はとても便利な表現”give up”についてです。 “give up”は現在では日本語でもそのまま使いますよね。 「あきらめる」 「降参する」 「ギヴする」(笑) という意味合いで「 …

助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!

  今回紹介するのは、ネイティブが指摘する日本人の英語誤用No.1に君臨する助動詞”may”です。(ネイティブによっては、あまりに多くてイライラするとまで言う人もいます、笑) 結論から言うと …

“visit to Tokyo”は正しくもあり、間違いでもある – 基本単語の見直しで表現力倍増!

  先日、教え子の大学生が以下の英文を書きました。 X I have visited to Tokyo twice. 「東京へ2度行ったことがあります」という文章です。 今までの経験を語る際 …