会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

日本人の間違い 比較 紛らわしい表現

「the 最上級+形容詞」で終わるのはNG! – 最上級の誤用

普段の会話において「~が最重要です」とか「~が一番面白い!」などという場面は多々あると思います。

それを英語でいう際に多くの日本人がやってしまいがちなのが「the most +形容詞」で文章を終えるパターンです。

以下は非常に不自然な英文の典型例です。

×)Learning English grammar is the most important.

「英語の文法を学ぶことは極めて重要です」という意味合いだと思われますが、ネイティブにとってはとても不自然な文章です。

結論から言うと、述部の ‘ the most important ‘ の部分がおかしい。

何故でしょう…

「最上級だから ‘the’ 」という安直な丸暗記

上の文章は ‘ the most important ‘ で終わってしまっていることが不適格の理由です。

そもそも、最上級形容詞に ‘the’ が付く理由は、その後に名詞が続くから。

別の言い方をすると、「’the’ は後ろの名詞についているもの」という考え方が正しいのです!

例文で見てみましょう。

ex) Beckham was one of the most popular football players in Britain.
「ベッカムはイギリスで最高のサッカー選手の一人です」

この ‘the most’ の ‘the’ は ‘most’ に付いているのではなく、最後の ‘football players’ に付いているのです!

ex) This is the most reliable information available at this moment.
「現時点でこの情報が一番信用できる」

これも同じ考え方で、’the’ は ‘information’ に付いています。

もう一つ。

ex) This is the most interesting film I have ever seen in quite some time.
「この映画は私が長い間見た中で一番面白い」

この ‘the’ も ‘film’ に付いているのです。

間違っても「最上級の’most’ を使うから ‘the’ を付けて…」ではありません!

つまり、日本人は「最上級があれば何でもかんでも ‘the’ が必要」と機械的に覚えてしまっており、実はそれは後ろの名詞にくっついているもの、という事実など考えもしません。

最上級形容詞の後ろには必ず名詞が必要

ですから、’the’ を付けるのであれば必ずそれに続く名詞が必要なのです!

そこでもう一度冒頭の間違い例文を。

×)Learning English grammar is the most important.

はい、もうお分かりですね。

この文には ‘the most important’ に続く名詞が欠落しているのです。

〇) Learning English grammar is the most important thing.

このように「the 最上級形容詞+名詞」という形であれば問題ありません。

ただし、この例での ‘thing’ は、英文としてはちょっと”ヤボったい”感もあり、あくまでも 「the 最上級形容詞+名詞」 を作るための応急的な処置だということを付け加えておきます。

つまり、上記のような「〇〇は最も重要だ」などと言う際、最上級しか浮かばないと、例文のような問題に直面してしまうのです。

   

ではどうすればいいか?

はい、そのような場合は素直に最上級以外の方法を模索するのです(笑)

次のような文章が一番素直でしょう。

ex) Learning English grammar is greatly important.

「ものすごく」という意味の副詞を添えてあげればいいのです。

例文での ‘greatly’ の他にも、最上級のニュアンスが出せる ‘enormously’ や ‘tremendously’ など、たくさんの副詞があります。

     

この「最上級」のお話、↓↓でも詳説していますのでご覧ください!

  

スポンサーリンク

-日本人の間違い, 比較, 紛らわしい表現

執筆者:

関連記事

日本人お得意の”be willing to do”、間違って使ってませんか!

  今回は日本人が大好きな(?)“be willing to do” を取り上げたいと思います。 この表現、「喜んで~します!」という意味で使ってませんか? 日本語に置き換えた …

“at last”と”finally”は使い分けが必要!

  「ついに~、ようやく、とうとう」という時に”at last”を使う日本人は多いと思います。 しかし、”at last”はどんな時にも使える …

助動詞 ‘will’ が秘めたパワー – 「~でしょう」「~だろう」ではありません!

突然ですが、以下の英文を訳してください。 ex) I’ll be 17 next week. 日本の義務教育で教えられる英語に忠実な人は次のように訳すかもしれません… 「私は来週17歳にな …

”Do you know SMAP?”と言われたら?

  突然ですが、もしあなたが以下の疑問文を聞かれたらどう答えますか? ex) Do you know SMAP? なんの躊躇もなく”Yes, I do.”と答える方が多いと思います。 しかし …

“can’t help doing”は「せざるを得ない」だが……

受験英語でもおなじみの”can’t help doing”ですが、これを機械的に「doせざるを得ない」と覚えているだけでは間違った場面で使ってしまう可能性があります。 自分の思いとは裏はら まず、正し …