会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

雑学

英単語のアクセントは大切です – 覚え方のコツを一挙紹介!

 

今回は英単語のアクセントの位置についてのお話です。

無数にある英単語のアクセントを一つ一つ覚えるのはナンセンスです。

アクセントの位置にはある程度の法則のようなものがあります。

最低限困らないルールを今回はお伝えします。

三味線語尾

まず以下の英単語群をご覧ください。

information
confusion
religion

それぞれ”-tion”、”-sion”、”-gion”という語尾をもつ単語ですよね。

これらを語尾に持つ単語のアクセント位置は、“その語尾の1つ前の母音”に来ます。

つまり、次のように「下線太字」がアクセントの位置になります。

information
confusion
religion

もう一度それぞれの語尾を見てください。

上から「ション」「ジョン」「ジョン」ですよね?

この音の響きが三味線の音に似ているということで、これらを「三味線語尾」と言います。

誰が名付けたんでしょうかね?(笑)

”-ic / -ity / -tion”の前

今度は、私が通っていた東京の代々木にある某有名予備校時代の英語の恩師の口癖をご紹介します。

それは「”-ic / -ity / -tion”の前」です。

さきほどの「三味線語尾」同様、これらの語尾を持つ単語のアクセントの位置も“その語尾の1つ前の母音”になります。
(”-tion”は再出ですが……)

例を挙げましょう;

automatic
economic
opportunity
anxiety

「”-ic / -ity / -tion”の前」を何度か口ずさんでみてください。

「イック、イティ、ションの前」……

すごくゴロとリズムが良くないですか?(笑)

予備校卒業後、数十年(?)経っていますが、いまだに頭にこびりついている言葉です(笑)

名前動後

やっかいなのが、名詞と動詞が同じスペルにもかかわらず、それぞれでアクセントの位置が違うパターンです。

例を挙げればキリがないですが……

import
export
record
progress
desert
present

これらは全て名詞と動詞が同形です。

しかし、アクセントの位置がそれぞれで違い、名詞は“前”、動詞は“後ろ”になります。

そのようなパターンを「名前動後」(めいぜんどうご)と呼びます。

例えば……

import →名詞
import →動詞

desert →名詞
desert →動詞

いかがでしょうか?

今回ご紹介した法則を知っているだけでも、アクセントの位置にかなり自信が持てると思いますよ!

スポンサーリンク

-雑学

執筆者:

関連記事

なぜ”Robert”が「ボブ」になるの?

  今回は英語のニックネームの謎についてお話します。 さっそくですが、以下をご覧ください。 ドナルド ⇒ ドン マイケル ⇒ マイク このあたりの変遷は容易に想像がつくと思います。 ボブの原 …

TOEIC900点レベルのウェブ翻訳ツールが登場!

  みなさんは、ウェブ翻訳はお使いになりますか? 最近のウェブ翻訳は、一昔前のお粗末な(笑)翻訳とは違い、かなり精度が高く正確な翻訳文を提示してくれるようですね。 不自然な翻訳…… 個人的に …

”herstory”という単語知ってますか? – PC運動

  みなさんは「PC運動」というものをご存知でしょうか? 「PC運動」とは”Political Correctness”の略で、80年代ごろから声高に言われ始めたフェミニズム運動から生まれた …

英語での分数の表し方はカンタン!

  数字を使った英語の表現ってなかなか覚えられないですよね。 中でも「分数」は普段使う頻度も高くないためか、苦手な人も多いと思います。 でも基本的な考え方が分かればカンタンです! 上は基数詞 …

アノニマス(anonymous)とは?その意味は?

  ”アノニマス”は国際的なネットワークを持つハッカー集団で、ここ数年でメディアでよく報道されます。 この”アノニマス”、一見すると固有名詞のような感じもしますが、英語を話す人々にとっては、 …