会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

助動詞

“should / could”…推量の助動詞の使い方

 

「助動詞+be」は推量を表すとても便利な表現です。

そのなかでも、日本人が一番よく使うのがおなじみ“may be”ですね(笑)

もちろん意味は「たぶん」ですが、実際のネイティブの感覚では「たぶん」は「たぶん」でも、その確率は50%程度。つまり、どっちつかずの微妙な「たぶん」なのです。

でも、日本人が”may be”を使うときは、かなりの確率や自信がある「たぶん」という意味で使ってしまっている人が多いのが事実です。
「助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!」参照)

「助動詞+be」は多彩

それ以外にも、もちろん英語には他にもたくさん助動詞があります。

そして、そのほとんどが”may”と同じように推量の意味を持っています。

以下の文章の意味はどうなるでしょう?

ex) The phone is ringing. It must be Miku.

ここでは”must be”です。

この場合は「電話が鳴っている。ミクに違いないな」となり、”must be”はかなり確信度が強い推量です。

念のために付け加えるならば、”must be”は確信がかなり強いとはいえ、100%の確信ではありません!

数値でいうと……98%くらい(?)

もし100%確信があれば”It is Miku.”でいいわけですね。

「助動詞+be」の推量に絞ってみた場合、この”must be”を確信度“強”にして、以下順に確信度が下がっていきます

ex) The phone is ringing. It should be Miku.
「電話が鳴っている。ミクのはずだ」

ex) The phone is ringing. It may (might) be Miku.
「電話が鳴っている。ミクかもしれない」

ex) The phone is ringing. It could be Miku.
「電話が鳴っている。ミクかもしれない」

下2つの”may (might) be”と”could be”が、日本語にすると違いが出ませんが、ニュアンス的には”may be”は50%で、”could be”に関しての自信度はかなり低めです。

”should be”と”could be”はネイティブ英語に頻出

以上4パターンの推量表現を紹介しましたが、どれも実際のネイティブの会話には当たり前のように登場します。

そのなかでも”may be”は先ほどもいった通り日本人はよく使うのですが(その意味の誤解はさておいて……)、特に”should be””could be”の2つはなかなか使えてないようです。

でも、確信の度合いに応じて是非使い分けてみてくださいね!

ちなみに、上記の例文はどれもちゃんと主語のある文章の形ですが、「助動詞+be」だけでも会話で頻繁に使われます。

ex) A : Is your mother at home?
  B : Should be.
A「キミのお母さんおうちにいる?」
B「そのはずだけど」

このような使い方は実際の会話ではいたって普通です。

以上4つの推量表現、ちょっと使ってみたくなりませんか?(笑)

もう”may be”一本やり!は卒業して(笑)、表現の幅を拡げましょう!

スポンサーリンク

-助動詞

執筆者:

関連記事

助動詞”may”は「たぶん~でしょう」ではありません!

  今回紹介するのは、ネイティブが指摘する日本人の英語誤用No.1に君臨する助動詞”may”です。(ネイティブによっては、あまりに多くてイライラするとまで言う人もいます、笑) 結論から言うと …

仮定法帰結節(主節)のwould / could / mightの使い分け

  仮定法のポイントは、そこで使われる動詞の形がどうなっているか?です。 ・if節の中が過去形 →仮定法過去 ・if節の中が過去完了形 →仮定法過去完了 でも、気を付けなくてはいけないのは、 …

”may (might) have pp”の使い方

  今回は”may (might) have p.p.”です。 この表現は、以前紹介した”should have p.p.”と同じく2つの意味があります。 (「”should have p. …

”can’t (couldn’t) have pp”は「~だったはずはない」

  いままでいくつかの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきました。 (以下参照ください) ”should have p.p.”には2つの意味 ”may (might) h …

”could have pp”の使い方

  これまでに”should have p.p.”や”may (might) have p.p.”などの「助動詞 + have p.p.」というパターンを見てきましたが、そのどれもが基本的に …