会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

便利な表現

無生物主語で英語らしく!

 

今回は英語らしさの象徴である”無生物主語”にスポットを当ててみたいと思います。

”無生物主語”とは、人間以外のモノや事柄を主語にした文章のことですが、さらっと自然に使いこなせる人は意外と少ないですよね。

例えば私たちが英語でメールを書く場合、以下のようになってしまう人が多いのでは?(笑)

I have…
When I went to…, I was…..
I think…

このようについつい”I”を主語にした英文ばかりが並んでしまい、自分でもイヤになってしまう人も多いと思います(笑)

”無生物主語構文”は英語の心

しかし実際の英語は”無生物主語構文”にあふれています。

もうそれ抜きでは英語は語れないでしょう。

実際に例を見てみましょう。

ex) The loan enabled me to buy the car.
「ローンで車が買えた」

これは動詞”enable”の動作主を”The loan”にした英文で、直訳すると「ローンが私に車を買うことを可能にした」という”無生物主語構文”の典型です。

「ローンで車が買えた」を英語にしようとして、”I was able to buy…”で組み立てようとするよりも、”The loan”を主語にした方が英語らしくなります。

「道が私を連れて行く」??

もう一つ日常的に使う表現を。

ex) Will this road take me to the post office?
「郵便局へはこの道でいいでしょうか?」

今度は主語に”this road”を使い、「この道は私を郵便局へ連れて行ってくれるでしょうか?」という発想です。

決して”Can I go to…?”などと始めてはいけません(笑)
(絶対にダメとはいいませんが……)

最後にもう一つ。

ex) This medicine will make you feel better.
「この薬を飲めば気分がよくなるよ」

このような「無生物主語+”make”」は第5文型(SVOC)でよく見られる型で、非常に英語らしい表現方法です。

もちろん“If you take this medicine, you will feel better.”でも構いませんが、”This medicine”で始めた方がより英語らしい文章になります。

スポンサーリンク

-便利な表現

執筆者:

関連記事

意外な”have to”の使い方

  今回はみなさんにもおなじみの”have to”を採りあげます。 「そんなの分かっているよ、『~しなければならない』でしょ!」 という声がたくさん聞こえてきますね(笑) まあまあ、落ち着い …

How toの便利な発展形 – how best toなど

  今回は便利な”how to do”(doのやり方)を発展させて、もっと便利に使おう!というお話です。 まず…… ex) Could you tell me how to get to t …

「あなたは犬派?猫派?」は”dog person”/”cat person”で大丈夫!

  「あなたは犬派?猫派?」 「君はコーヒー派?紅茶派?」 このように「~派」といういい方は日本語でもよくしますよね。 では英語ではどう表現するのでしょうか? 意外にストレートな表現(?) …

「あの何とか……」を英語で言うと?

  みなさんは”ど忘れ”ってよくしますか? 私はよくします(笑) 次々に登場してくる最近の俳優さんの名前が思い出せなかったり、新しい電化製品の名前が思い出せなかったり……(笑) そんな時に便 …

日本人が使えない”some”

  今回は皆さんご存知の”some”にスポットを当てたいと思います。 まずは以下の英文をご覧ください。 ex) I need some people to do this. 「私はこれをやる …