会話に使える!英文法

「英会話に文法はいらない」は完全な間違い!実用的な英文法の知識をどんどん紹介します。

便利な表現

”It…for~to構文“の作り方

英語の重要構文である”It…to構文””It…that構文”には、明確な使い分けが必要な場合があると以前お話しました。
(以下参照ください)

ざっと復習しましょう。

ex) It is easy to solve this problem.
「この問題を解くのは簡単だ」

これは”It…to構文”を使った正しい文章です。

これを「“彼が”この問題を解くのは簡単だ」としたい時にはどうすればいいでしょうか?

”It…that構文”を使って以下のように言えばいいのでしょうか?

× It is easy that he solve this problem.

残念ながらこれはダメです。

2つの構文の使い分けのルールを思い出してください。

“Itと”to”、そして”It”と”that”の間にどんな形容詞が来るのかで使い分けが決まるのでしたよね。

そして、例文の”easy”ような難易度を表す形容詞の場合は”It…to構文”を使うのが普通です。

つまり自由に好きな構文で言い換えOK!という単純な話ではないのですね。

意味上の主語

では、あくまでも”It…to構文”を使って「“彼が”この問題を解くのは簡単だ」ということはできないのでしょうか?

結論からいうと……できます!(笑)

ここで登場するのが”It…for~to構文”です。

”It…to構文”は「”It” = “to以下”」という考え方ですよね。

今回の例文” It is easy to solve this problem.”を使って言うと、「”to solve”するのは”easy”だ」という仕組みです。

その”to solve”の直前に”for+人”を入れることによって、”to solve”をする動作主を表すことが可能になるのです。

これを「意味上の主語」と呼んだりします。

ですから「彼がこの問題を解く」としたければ、”for him to solve this problem”にしてやればいいのです。

ex) It is easy for him to solve this problem.
「彼がこの問題を解くのは簡単だ」

これが正解になります。

”It…for~to構文”はとても重宝する構文なので是非マスターしてください!

もっと構文力を高めたい方は…

構文とは英語の「型」。

知っている「型」、つまり構文の数が多いほど、英文の理解が早く、そして確実になります。

「もっと構文力を!」という方には「リンケージ英語構文100」を自信を持ってお勧めいたします!

必要にして充分な英語の「型」が効率的に学べる好著です。

短文の暗唱用にも最適。

おススメです!

スポンサーリンク

-便利な表現

執筆者:

関連記事

「あなたは犬派?猫派?」は”dog person”/”cat person”で大丈夫!

  「あなたは犬派?猫派?」 「君はコーヒー派?紅茶派?」 このように「~派」といういい方は日本語でもよくしますよね。 では英語ではどう表現するのでしょうか? 意外にストレートな表現(?) …

動詞の名詞化 – 英語らしさ

  唐突ですが、次の2つの日本語の文章を見てください。 「彼はそのニュースに驚いた」 「彼はそのニュースに驚きの声を上げた」 どちらも意味するところは同じですよね。 どちらを使うかは、人や場 …

”This book sells well.”は「この本は上手く売る??」 – 能動受動態

  さて、タイトルの文章、みなさんは訳せますか? ex) This book sells well. “sell”は他動詞の「売る」だから……「この本は上手に売る」……???? まるで“本が …

日本人が使えない”some”

  今回は皆さんご存知の”some”にスポットを当てたいと思います。 まずは以下の英文をご覧ください。 ex) I need some people to do this. 「私はこれをやる …

”We / You / They”が上手に使えると便利!

  今回は”We / You / They”のお話です。 「何を今さら……」 と思うでしょ? まあ、聞いてください。 以下の文章、上手く訳せますか? ex) You have two way …